日記

  1. 静岡市の茶市場見学(八十八夜と令和2日目)

    世の中10連休だと連日メディアは大騒ぎですが
    職業によって関係なく働いてるのが普通だと思います。

    弊社も少人数で連休中の対応しており、完全連休ではないため
    その合間でできることを探して。地元静岡でも普段は体験できない茶市場見学へ行ってきました。

    静岡は家具の街と同じくお茶の街でもあります。
    産業的にはお茶の方がはるかに大きく、日本全体のお茶の40%を静岡県が生産。
    そして日本で流通しているお茶の60%は静岡から出荷だそうで。
    20%多いのは他産地のお茶も仕入れているからということ。

    日本シェア60%を支える静岡のお茶産業。

    八十八夜という言葉を聞いたことがあります?
    立春から88日目のことを指して、ちょうど茶摘みが始まる季節と重なり
    この日のお茶には「健康」「長寿」などの縁起物という意味が含まれます。
    ただ気候変動の影響か、徐々に八十八夜より少し前から茶摘みがピークを迎える
    事が多くなったそうです。

    ですが、お茶業界にとって4月末から5月初旬はお茶取引の
    一番活発な時期になり、10連休だろうが普通のGW だろうが
    大型連休という感覚は全く無いらしく

    そんなお茶の取引所が静岡市内にあって、私の会社からクルマで10分ほど。
    これまで一度も見学したことがなく、そもそも見学できることも知らず
    お友達に教えてもらい、今年の八十八夜の5月2日に初見学しました。

    早朝5時台ですでに駐車場は業者さんで満車。(見学者は使えないので近所のコインパーキングへ)

    セリ(入札)は6時半から、なのに、5時台すでに会場は出品者と仲買と市場の関係者で満員。
    お茶の量によってはもっと人が多いこともあるそうで。

    GWに入ってからずっと雨のためお茶が摘めず、昨日5月1日にやっと晴れたので
    実は今日5月2日は久しぶりにお茶が市場に出てきたとのこと。
    グラフは青い線が去年の実績。右側に赤で今年の実績が記入されるのだとか。
    昨日5月1日の取扱量は0(ゼロ)のため、グラフは無し。

    「一つの取引で数百万の金額が動く事もあるので、邪魔にならないように」と
    会場を案内してくれた方からの注意。この1ヶ月でほぼ1年の仕入れが決まるそうです。
    卸す方も買い付ける方もある意味命がけ。真剣勝負の場に素人が立ち入るので極力邪魔しないよう心がける。
    テーブルには本日取引されるお茶のサンプルが並ぶ。

    拝見といって今日のお茶を競りの前に香りと味を確かめる場所。
    チンチンに温められたヤカンが並び、熱いお湯を掛けて色や香りを見るそうです。

    6時半にベルが鳴り響き、競りが始まる。
    緑の帽子はJA農協、青が製茶屋さんなど仲買業者、黄色が市場の担当者。
    取引が成立すると3者で「パンパンパン!」と三回手打ちをするのが慣わしで
    テーブルから威勢のいい拍手が聞こえてくる。

    「最近手打ちを省いちゃう業者も多くてね。聞けたらラッキーだよ」
    と言われてましたが、私達見学者がいるためか、あちらこちらからパンパンパンが聞こえる。
    市場らしい雰囲気。多分サービスしてくれたんだね。

    さてここで、別室にてお茶の基礎知識講座みたいなものが用意されていました。

    お茶の種類(煎茶、玉露、棒茶、粉茶、ほうじ茶、紅茶)などの特徴や
    適したお水の種類、温度など。普段ざっくり聞いてる事が整理されます。

    温度差による煎茶の味の違いテスト。
    ちなみにこの煎茶は市場価格キロ20万円を超える超高級茶のため
    普通に飲んでも十分美味しいのだけど、60度、80度、常温での飲み比べ。
    80度は苦味が出てしまいお茶の味が台無しだけど、60度と常温はどちらも美味しく
    これのどちらが好きかは好みの差のようです。
    温度でこれだけ変わるのならお茶の入れ方はとても大切ですね。

    競りの会場へ戻ると、ほとんどの取引は終わったようで場内は落ち着いた状態。
    先程のお茶の味を見る「拝見所」も空いたため、見学者の私達も使わせていただく。
    ここでは沸騰したお湯を使うので、先程とは味の感じが違うけど、この拝見が
    取引に大きく影響するのなら一人前になるまでに時間かかるだろうなぁ。

    最後はお茶取引関係者が早朝から使う近くの食堂へ。

    卵かけご飯の豚汁セットが食堂の朝定食。
    濃い目の味付けの豚汁に天かすをのせるのが食堂「美富士」の定番だとか。
    朝食いただき朝8時過ぎには自宅に戻ってきました。

    また少しですが静岡のお茶について興味が深くなりました。
    急須で入れるお茶の習慣が少なくなってると聞きますが、お水や温度で
    味の変わる静岡茶の楽しさもう一度見直していただければ。
    お茶業界の方も連休中ご商売がんばってください。

  2. 4月 桜 静岡まつり

    4月に入って初めての日曜日。

    3月は仕事の事も家族の事もギュウギュウに詰まった1ヶ月となり
    先週の日曜日に終わったと思ったら気持ちの中から何かがすぅっと
    抜けていったのがわかりました。

    今年の静岡は桜の開花がここ数年と比べて遅れ(平年に戻った?)
    今朝の駿府公園は満開までもう少しという感じ。
    静岡まつりの最終日でもあり、きっと昼間は賑わうだろうと思い
    静かな時間を狙って一回りしてきました。

    静岡桜

    駿府城公園桜

    水落静岡桜

    駿府公園の桜

    静岡お堀の桜

    静岡の桜

    静岡裁判所の桜

    あと一週間は楽しめるはず。
    静岡来たら駿府城公園を散歩してみてはいかが?。

  3. 本年もよろしくお願い申し上げます。

    2019年スタートしました。

    昨年は色々な方にお世話になりました。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    仕事始めは7日からですが
    お正月休みを利用して家具を見たいという方がいらっしゃるため
    出来るだけショールーム開けてご覧いただけるよう対応しています。
    今年もたくさんの方に喜んでいただけるものづくりを続けてまいります。

    関本家具装芸 取締役専務 関本雅和

    関本家具装芸初日の出

  4. 静岡来たなら寄ってって。

    週末、世間は11月23〜25日の3連休。
    ありがたい事に週末に合わせて家具をご覧になりたい遠方からのお客様がありました。

    で、毎度お客様の帰り際に「しずおか寄っていただきたい場所」のオススメをどこにするか苦慮する。

    食べ物であれば、高級過ぎず大衆過ぎず。
    自分が旅先で思う「いつもより少しは出しても良いかな?」という
    感覚でランチ場所をオススメしてます。

    立ち寄れる場所をもう一つ欲しい。
    景色の良い場所はだれでも共感が得られるスポット。
    なので日曜日の午後はこの場所に行って確認してきました。【日本平夢テラス】です。

    日本平夢テラス
    設計は今をときめく隈研吾建築都市設計。隈先生がふんだんに使う木材の建築はオリンピック前に必見です。
    日本平夢テラス
    富士山を見ながら駿河湾から箱根、西伊豆、先端の石廊崎方面までが見渡せる。この方角が一番人気。

    日本平夢テラス
    静岡市の中心地。東静岡駅から静岡駅の静岡市街地が見渡せる方角。
    日本平夢テラス
    静岡市より西側の久能山や焼津から御前崎までが見渡せる海の綺麗な駿河湾。こっちもオススメ。
    日本平夢テラス
    これからの季節は空気が澄んで晴れの日が多くなる静岡なので、もし時間があれば日本平に寄って静岡の景色を楽しんでください。天候が良ければ駿河湾一帯を見渡せます。

    【新作個展のお知らせ】
    関本家具装芸個展

    12月2・8・9日は個展を開催します。遠方よりお越しの方は、ぜひ帰りに日本平に寄ってみてください。
    ランチ場所は別途私のオススメをご案内します。

  5. 豊橋・伊良湖・豊川

    わけあって、今日は豊橋に予定があり
    夕方までは帰ることができないため、豊橋から渥美半島へ。
    半島の先端、伊良湖岬。
    伊勢志摩が見えるところまで行くことにしました。

    伊良湖

    豊橋から伊良湖までは、ほぼ1時間キャベツ畑。
    新潟をクルマで走った時にこの田んぼの米は日本で本当にぜんぶ消費されるのか?
    と感じたと同じくらい
    このキャベツが全て消費されるのか?と感じた壮大なキャベツ畑・畑・畑。

    伊良湖岬灯台

    到着した伊良湖岬灯台から見る三重方向。
    左手に神島という島が見える。

    伊良湖灯台

    伊良湖岬の大型船の往来を守る本来の灯台はこっちかな。

    これから湾内に入る巨大なコンテナ船。狭い伊良湖水道にひしめく大小の船。

    さらに時間があるため
    有名な豊川稲荷まできました。

    豊川稲荷

    子供の頃に親に連れられて来た、かすかな記憶がある豊川稲荷。

    I’m not sure but I think.

    今日は息子の運転手でしたが、久しぶりドライブ楽しめました。

  6. 週末台風

    会社の窓から北の空を見たら、うろこ雲が秋らしくて。

    静岡市の秋空

    台風が毎週末にやってくる。そんな今秋。
    24号は静岡に被害をもたらして、停電はメディアで取り上げられました。
    ウチの会社も風でガラスが割れ、テレビのアンテナは折れ
    飛散した建材がクルマに直撃したりと、収拾に時間が掛かりました。

    考えてみたら、平日の台風よりも仕事への影響は最小限。

    イメージが難しいと思いますが
    木工・塗装は極めて天候に左右される仕事なのです。
    そろそろ今日の空のように落ち着いて欲しいのが製作部一同の願いです。

  7. 東西南北で違う顔の神奈川県。今回は三浦半島。

    静岡観光のためには地元を宣伝をした方が良いと思いつつも。

    今回は静岡のお隣、神奈川。

    西の歴史ある箱根温泉、魚介とリゾート真鶴、小田原城

    海岸線はサザンの茅ヶ崎・辻堂・藤沢

    そこから鎌倉・逗子・葉山エリア

    中央から北の、いきものがかり海老名厚木・座間キャンプ・相模原湖。

    東京に隣接する東の横浜・川崎・中華街。

    潜水艦と軍艦カレーの横須賀。

    1〜5次産業と観光とリゾートと都会に軍までが揃ってる県は他にあるのかな?と思う。

    その中でも横須賀より南に行ったことが無かったため
    今回初めて三浦半島の南端、三浦市城ヶ島から観音崎まで行きました。
    静岡からクルマで3時間弱。静岡からは伊豆半島最南端の下田と実は同じ移動時間。

    城ヶ島から見ると対岸の房総半島の先端までしっかり見える。

    城ヶ島の南端の海岸は貝殻で埋め尽くされている。
    潮流の関係でこの1点に貝が運ばれてくるのだろうか?不思議な海岸。

    三浦の三崎漁港でマグロと地元野菜を物色したあと、そのまま観音崎まで移動。人気のお店でランチ。

    奥さんのリクエストで横須賀美術館へ。
    企画展・常設展ともに一度は行った方が良いと思う展示。

    撮影できるエリアが決まってるらしく、美術館の方へ確認して撮影しました。

    建物の設計の意図よりも、おさめた現場力に目がいきます。

    美術館屋上から見た東京湾。第二海保やアクアライン、スカイツリーも見える。
    後から分かった横須賀美術館の目の前はsnowpeakのグランピングホテル。

    神奈川最南端の三浦半島エリア。神奈川県は本当に色々な側面を持ってる。
    どこ行っても楽しい。
    私が住んでる静岡県の次にオススメしたいエリアです。

  8. 台風21号と北海道地震による配送について。(2018年9月7日現在)

    台風に地震。
    被害に遭われた方々、地域の方々は本当に大変な状況をお過ごしかと思います。

    また直接被害に遭われてない方も、インフラの復旧の遅れや
    生活に必要なモノが揃わないなど、離れた場所からでは想像できない不便をしているかと思います。

    そんな中で配送業社より、関西方面一部と北海道全域への配送一時停止のお知らせがありました。(9月7日現在)

    徐々に改善されてくることとは思いますが、しばらくの間、大阪・京都・兵庫・和歌山へは地域の確認
    北海道方面の配送は配送業社と確認をしてからのお届けとなります。

    また通常よりも配達日数が多くかかる場合もございます。

    一時的な経過措置ですが、状況変わり次第こちらでアップします。

    静岡の夕方の虹

    9月8日の静岡、スコールのような雨が降ったかと思うと急に晴れてとめまぐるしい1日。
    そんな中で夕方に見えた大きな虹。近くにいた人たちも空にスマホを掲げてて
    子供達が「なぜ虹ができるの?」とお父さんお母さんに聞いてる光景を見て
    うちの子供達もこんな時期があったなぁと微笑ましかった。

    被害に遭われている方々も、1日でも早くこんな普通の日常が戻ることを
    静岡よりこころから願っております。

  9. 気がつけば水辺を探してた8月

    今日は8月26日。

    子供達の夏休みもそろそろ終わりに近づいて
    来週あたりから学校に通う姿を見ると
    いよいよ夏も終わり秋になると実感する。

    が、今年はそんな簡単に夏が終わりそうもない雰囲気。
    なんたって今日の静岡36度。明日も35度の予報。真夏まっさかり。
    9月末までは夏だと思ってた方が体も引き締まる。

    ほとんど仕事用の一眼レフカメラだけど
    ちょっとした合間に持って出る。出た先で風景を撮るのが好き。

    そんなカメラの画像を整理してたら
    今年の8月は水の写真が多いことに気がついた。
    暑い夏・酷暑の8月は知らず知らず涼を求めて行動してたのかも。

    自分が好きな場所の写真を残しておきます。
    静岡に来られる機会があればぜひ寄ってみてください。

    下田寝姿山
    下田が一望できる寝姿山。ロープウェイで登ります。
    天気が良いと大島・初島・御蔵島・三宅島など伊豆諸島が一望できます。

    下田多々戸浜
    下田多々戸浜
    下田市の大好きな海水浴場。多々戸浜。

    静岡市大浜海岸
    ウチの会社からクルマで10分の大浜海岸。

    富士山世界遺産センター
    富士山世界遺産センター

    富士山本宮浅間大社
    富士山本宮浅間大社の神田川

    赤水の滝
    会社と同じ静岡市内でもクルマで1時間の赤水の滝。

    明野のひまわり
    ここは水辺でも静岡でもなかった。けどオススメの夏らしい風景の明野のひまわり畑

    尾ケ崎ウィング
    河津桜で有名な河津から下田へ向かう途中の尾ケ崎ウィング。右に見える白い浜が有名な白浜海岸。

    陣馬の滝
    近くには有名な白糸の滝があるけれど、マイナスイオンを感じるなら陣馬の滝がおすすめ。

    下田市サーフィン
    沖に見える島は神子元島。

    残暑続きそうな9月。十分に涼を楽しめそうな場所です。
    美味しい地元の料理も楽しめるはず。
    ぜひ静岡に遊びに来てください。

  10. 青空に放流された1200匹の鯉

    GWスタートですが、訳あって本日相模原へ日帰り。

    たまたま今日から始まる「相模川鯉のぼり祭り」初日と重なったので
    寄って見ることに。ネットの情報だと毎年恒例で渋滞も覚悟とあるため
    9時には会場に着いていたにも関わらず、すでに渋滞・駐車場も結構な車の数。

    相模川鯉のぼり

    相模川の東西対岸を使っての鯉のぼり。見応え十分。
    南からの強風に泳ぐ鯉にもろともせず耐えてる1本のワイヤーに
    いったい何トンの力が掛かってるのだろう?と
    まるで延縄漁を見ているかのごとく大漁船の漁師気分。

    鯉のぼりはお祝い

    よく見ると鯉の白い腹には名前が書かれているものもあり
    誕生祝い?子供が元気よくのびのびと健やかに成長して欲しいという願いを感じる。

    河川敷にはテントを張りながらBBQを楽しむ家族。

    もし近所に住んでたら
    お祭り定番の焼きそばお好み焼き、フランクフルト、イカ焼き、そしてビールが
    屋台でずらっと並び、最近見る機会が少なくなったテキ屋風景を楽しみながら
    1日中グダグダと過ごせるのに、という思いのまま次の目的地へ向かいました。

    ・GW営業のお知らせ
    5月1日2日は通常営業です。
    それ以外は暦通りお休みとなります。

  11. 自家製味噌作り体験。

    会社と自宅のある静岡市から車で約50分のところ。

    ウチが静岡の中部ならここは静岡県の西部。

    有名な小國神社の近くにあって
    少し山の中に入るお茶畑に囲まれた場所で
    毎年恒例の味噌作りをしてきました。

    元は幼稚園・保育園として使われてきた施設です。
    過疎少子化で閉園し使われないため
    現在は高齢者向けの施設になりつつ
    その運営費を少しでも稼ぐため
    地域資源を活用した取り組み(味噌作り・販売)をしてると聞いてます。

    自家製味噌

    まずは麹と塩をよく混ぜて、前日のうちに炊いてもらった大豆をさらによく混ぜます。

    この麹を触っていると手がどんどんすべすべになります。

    また炊いたばかりの大豆はそのままでも美味しく、この大豆なら味噌が
    美味しくなるのも納得。とにかくシンプル。
    調味料類を一切使わない自然の味が楽しめます。

    静岡味噌

    麹・塩・大豆を混ぜた味噌の元をミンチ機に掛けて細かく潰します。

    この工程を機械を使わずに作ることもできますが、均一な味を求めて
    ここは機械の力にお世話に。
    ちなみに大豆はかまどで炊かれています。原料は山から切り出した雑木。

    味噌の作り方

    とにかくここで仕込んだ味噌の美味しさといったら。

    一樽で約8キロの出来上がり。
    我が家は味噌消費が多いため3樽(24キロ)が毎年必要です。

    味噌は作った直後は肌色をしてますが、ここから約半年寝かすことで
    どんどん茶色に変化します。(発酵)
    暑い夏を越すことで熟成が早まるため
    春先(3月)に仕込んで夏を越して涼しくなり掛けた時(10月)が
    一番最短で美味しく食べられるスケジュール。

    さらに寝かして1〜2年経つとさらに熟成の進んだ深い味わいに。

    味噌を詰める

    慣れないと重労働ですが、ここ数年毎年やってるだけあって
    かなり手が早くなりました。

    麹の準備や大豆を炊いてもらったりと、本当に重要なプロセスはお任せで
    最後の仕上げ作業だけの体験ですが、やはり自分の手が触れた物というのは
    格別な味わい。

    今から半年後が楽しみ!

  12. 駿府城公園の桜

    駿府城公園の桜

    毎年の定点観測、静岡市内にある駿府城公園外堀の桜。

    1時間ほど車で出ることができてお堀を一回り。

    まだ満開には遠く3分咲き位。けれど来週の天気予報では一気に開花が進みそうです。

    来週末は静岡まつり。2年ぶりに大御所花見行列で馬に乗ります。

    予定では満開の桜の下を、大通りの交通を規制した中でお侍さんの格好をして
    2時間ほど乗馬する予定です。

ページ上部へ戻る

カタログ請求はお気軽にこちらから