オーダードレッサー

  1. オーダードレッサー製作:ローレル本3面に収納を追加したい(製作:91)

    ドレッサー本3面ローレル

    ローレル本3面に同じデザインの収納を追加したい。

    ドレッサーはメイク道具やお化粧品を収納するための最低限の仕様となっているため
    収納力をアップするのには、チェスト(引き出し)を追加するのが一番。
    ドレッサーと同じデザインにすることで、部屋での統一感も生まれます。

    今回はドレッサーはそのままで、横に置くチェストのオーダー製作です。

    ドレッサー本3面ローレルチェスト

    ドレッサー引き出しのふっくらした雰囲気が大好きということで、チェスト引き出しにも同じデザインで製作。

    本3面ローレルチェスト

    もちろんですが、素材は同じに塗装も同時に進行するので
    仕上げに一番気をつけるのは統一感です。

    鏡台ローレル本3面

    椅子の製作が遅れてしまい、写真には残せませんでしたが
    椅子もご購入いただきました。

    収納スペースを増やしたいというオーダー製作も可能です。
    ご要望あれば一度お問い合わせください。

    まだまだオーダー製作続いております。

  2. オーダードレッサー製作:製作75をベースにした女優ミラー(製作:90)

    以前にお作りしたドレッサーを元に
    デザインをすこし変更しての製作となった今回のドレッサー。

    元のデザインはこちら→ 【製作75番少し大きめのドレッサー】

    オーダードレッサーホワイト

    とても明確なご希望で、デザイン提案から製作開始までこれまでで最短での日数でスタート。
    「あとはお任せします。」と言われると、投げやりに聞こえるかもしれませんが
    実は作る方はこれまでの良いところを最大限に組み合わせられ
    デザインと使い勝手のバランスが取りやすく、構造的に破綻しない家具作りに専念できます。

    ドレッサーのアクセサリー入れ

    とは言え、やはり最低限の要望を叶えるのがオーダー製作。
    そこを汲み取ることが一番肝心で、アクセサリーは今までお聞きした方の中で
    おそらく最多の数をお持ちのため、その収納スペースをこちらで考えました。

    無印のアクセサリー入れを利用したドレッサー

    無印ベロアアクセサリー入れドレッサー

    他のオーダー製作でもお世話になった無印のベロアアクセサリー入れ。
    これ、色もサイズも良く出来てるので、あえてここは既成品を使わせていただいてます。
    このサイズが入るように作っておけば、ユーザーが後から好きなアクセサリー入れを購入できるので
    無印の商品なら全国どこでも買えるという利点も含めての提案です。

    女優ミラーオーダー製作

    もちろんライト付きの女優ミラーが一番の売りで、こちらも弊社では定番の作りです。
    ライトも市販品のため、長寿命のLEDとは言え切れることもあるので
    簡単に購入できるタイプのLEDライトを使っています。

    収納スペースの仕切り付きオーダードレッサー

    これは何でもない仕切り板ですが、あると無いのでは収納の便利さが違います。
    地味だけどこういう部分がオーダー製作では定番で不変の作り方。

    オーダードレッサーレトロ・アンティークデザイン

    塗装も真っ白ではなくて、実は微妙にベージュが入っています。
    そのため少し柔らかい風合いを感じる色。
    細部のデザインもレトロ・アンティークを意識して、直線的ではありますが
    クラシカルな雰囲気になるようハンドル・ノブなどもユーロ圏から輸入される物を使っています。

    ユーロ北欧デザインドレッサー

    製作自体はもちろん大変なデザインでしたが、それ以上にこちらの自由度が高いため
    随所に細かく手を加えるなどのアイディア一杯のドレッサーとなりました。

    オーダー製作は使う方のそれぞれの要望と課題を解決するため
    毎回違ったアプローチが必要ですが、そこから生まれる製作のヒントが
    私達にも役に立ちますし、なによりお客様に喜んでいただけることが
    最大の目的です。

    オーダー製作、まだまだ続いています。

  3. オーダードレッサー製作:横に置く小さなチェスト引き出し(製作:89)

    新築にあたりドレッサーを購入したい。
    というご要望は本当に多いのですが、やはり新居のスペースに合わせて置きたいのは
    みなさん同じだと思います。

    そこで気になるのは「製作期間」と「ご予算」

    フルオーダーになれば、ジャストサイズで作れますが
    その分、金額も時間も必要になります。

    もう一つは、既成品のドレッサーをそのままに
    足りない部分だけを製作するという方法。

    今回のドレッサーと脇置きチェストで納期とコストを削減しました。

    フェアリーテールドレッサーチェスト

    鏡後ろに収納スペースを持った半三面ドレッサー・フェアリーテールをベースにして
    横幅を広げて収納力をアップする小さなチェストを製作しました。

    ドレッサーフェアリーテール半3面

    塗装のサンプルやファブリックサンプルをお送りするうちに
    新築の引き渡し〜引っ越しの時期になってしまい
    先にドレッサーを納品させていただいて
    後からチェストの納品。

    時間差があるため、塗装色の色の違いはなるべく避けたいので
    その仕上がり感に一番気をつけました。

    収納半3面フェアリーテール

    ドレッサーの引き出しと同じ寸法なので
    左右対称になるデザインです。この仕様もなかなか使い勝手が面白い。

    フルオーダーではないけれど、既成品に少しプラスすることで
    オリジナル仕様のオーダードレッサーが短納期・低予算で実現します。

    オーダードレッサー製作、現在も同時進行中です。

  4. ドレッサーオーダー製作:素材感を一番に考えたシンプルな女優ミラー(製作:88)

    ドレッサーのオーダー製作はコミュニケーションが本当に重要です。

    メールと電話でほとんどの要望をお聞きするため
    何を一番取り入れたいのかを汲み取るのかが製作の50%=半分になります。

    オーダードレッサー

    とにかく素材感を大切にされていました。
    シンプルなドレッサーとチェストが希望だけど
    安っぽい仕上がりではなく、オーダー製作らしい仕上がり感を優先しました。
    フォルムは本当にシンプルですが、使いやすさを感じるデザインです。

    ドレッサーチェストセット

    素材はオールナットで提案しました。
    濃い色をご希望だったので私としては素材感・重厚感ともに
    ベストな材質だと感じています。
    特に木目には意識して、木が持つ本来の良さを伝える使い方を考えています。

    オールナットチェスト

    自分で言うのも変ですが
    この木目感は本当にウォールナット素材だからできる雰囲気です。

    家具ドレッサーが欲しいけど、気に入った商品がみつからない。

    オーダー製作も検討していましたら一度ご相談ください。

  5. ドレッサーオーダー製作:ホテルビューティーサロン(製作87)

    大阪梅田に結婚式場がある「ホテル」のビューティーサロンへドレッサーを納入させていただきました。

    下の画像が既存で使用されていたドレッサー。今回20年振りのリニューアルです。

    サロンドレッサー

    一般使用とは違い、スタイリストさんがメイクするためドレッサーの傷みは
    通常の経年変化に比べたら状態が良い。
    サイズ感はそのままで、ホテルのイメージに合うようにヨーロピアンな雰囲気を入れて
    やはりここは得意の女優ミラースタイルにこだわりました。

    ビューティーサロン用ドレッサー

    当初案は既存ドレッサーの色目に近い白からベージュ系の仕上がりを想定してましたが
    急遽、ブラウン調の落ち着いた雰囲気の仕上げに変更。

    女優ミラードレッサーサロン用

    ライトはLEDの32wタイプ。
    おそらく点灯時間は通常のメイクより長いため、LEDは必須です。
    万が一切れた時でも簡単に交換できる仕様です。

    結婚式場ドレッサー

    材料はナラ材。
    ホテル全体が重厚なインテリアのため、その雰囲気に負けないよう
    木目もしっかりと分かる材料を選んで使用しました。

    ウェディング式場ドレッサー

    今回ホテルのリクエストであえて暖色系のLEDを選択しました。
    昼白色のLEDに比べて顔の色が少し赤く見えますが、ホテル全体の照明が
    暖色系(電球色)で統一されているので、ホテル内での挙式を考えると
    サロンでのメイクの見え方はこの方が正解なのでしょう。

    ドレッサー女優ミラーサロン用

    当日の式がすべて終了してからの入れ替えのため、夜間の作業となりましたが
    助っ人とホテルスタッフのご協力でスムーズに納入完了です。

    ホテルのサロンは初めての納品で、お客様と通路で会わないように配慮したり
    高級絨毯の上をなるべく台車を使わずに納品したり、いつもとは違う気の使い方でしたが
    サロンのスタッフの方にとても喜んでいただけて本当に良かったです。

    オーダードレッサー製作、まだまだ製作中です。

  6. オーダードレッサー製作:両面使いのスタジオミラー(製作86)

    オーダードレッサースタジオミラー

    女優ライト付きスタジオミラーの別注製作。
    両面鏡で両サイドから二人同時に使える対面式のドレッサーです。

    スタジオ女優ミラー

    右後ろが通常仕様のスタジオ女優ミラー。
    左手前が両面鏡の対面スタジオ女優ミラー。

    ショップ中央スペースでの利用などに
    両面タイプはおすすめです。

    美容院、ビューティーサロン、コスメショップのカウンターなどに
    サイズオーダーも随時ご相談受付しております。

  7. ドレッサー製作特別な高さのミラー(製作85)

    サロンドレッサー

    座る椅子の座面が70センチと普通よりも高いカウンターバーチェア?サイズに合わせたドレッサー製作。

    通常よりも天板位置が30センチほど高くなっています。

    ビューティーサロンドレッサー

    スタイルだけ見ると、脚の長いモデルさん?それともキリン?安定感はギリギリのように見えます。
    スタジオミラー黒と白

    施工会社からの依頼のために、最終の収まりが分からないのが残念ですが
    イメージを言葉でもデッサンでもいただければ形にできます。

    1台製作でしたが、逆に1台からでも別注サイズオーダーが可能。

    「こんなドレッサーが欲しかった」と最後に言っていただければ、それだけで十分です。

    オーダードレッサー製作、まだまだ続きます。

  8. オーダードレッサー製作 ナラ材の三面鏡とTV用チェスト(製作84)

    去年よりご注文いただいておりましたオーダー製作が完成しました。

    オーダー製作ドレッサー

    レトロなデザインが逆に新鮮でクラッシックな中にモダンな雰囲気もある
    半三面鏡とTV台機能を付けたチェストのセットです。

    ドレッサー用AV機器収納チェスト

    中に収納する機器のサイズも事前にお聞きして合わせてあります。

    オーダードレッサー半三面

    こちらは基本的な作りでおなじみの半三面の裏収納。

    オーダードレッサーチェスト

    表面の感じと天板のデザインも他には無いデザインと機能。

    ファブリックも独自にお選びいただき、ドレッサーの雰囲気とばっちり合っています。

    凝ったデザインで少々お時間いただいてしまいましたが
    気に入った一台ができるのがオーダードレッサーの最大の良さ。

    気に入ったドレッサーが見つからない、そんなお声にこれからも対応していきます。

  9. ドレッサーオーダー半3面製作「高さにこだわり」(製作83)

    2018年の年末に納品済みだったオーダードレッサーのご紹介です。

    高さにこだわりとは
    弊社のドレッサー、天板までの高さは73センチに統一しています。
    これは一般的なテーブルやデスクなどが70〜73センチで作られているため
    その上限での寸法で以前より統一しています。

    今回のオーダー製作は、この高さを若干低くしての製作でした。

    まずは完成イメージ図がこちら。
    オーダー製作ドレッサー

    お客様とのイメージ共有と、弊社の製作で職人達が共通のイメージを持つことで
    図面で伝わらないニュアンスを見てもらいます。

    今までお使いのドレッサーが弊社のドレッサーよりも低く作られていたので
    すでにその高さに使い慣れていて、新調にあたってもこの点は引き継がれました。

    完成した写真がこちら。
    オーダードレッサー半三面

    ドレッサーの収納部分

    ドレッサー半三面閉じたところ

    ドレッサー半三面鏡後ろの収納

    弊社で使用する椅子も73センチの高さに合わせて座面を決めるため
    椅子もドレッサーに合わせて脚をカット。

    ドレッサー自体のデザインはとてもオーソドックスですが
    姿見にできる高さを持たせたり
    扉内の収納にもお客様の使いやすい位置、サイズと見えない部分で
    オーダー製作の良さが詰まっています。

    色も今お使いのチェストの横に置くために、そのチェストに合わせての塗装色。

    最後ちょっとバタバタしてしまいましたが年内に納品ができてよかったです。

    オーダードレッサー製作は現在も進行中。またご紹介します。

  10. 12月4日静岡のFMラジオで10分お話しします。(オーダー製作の原点)

    女優ミラー初号機

    静岡県のFMラジオ局「K-MIX」朝8:30から10分ですが
    電話で出演させていただきます。

    https://www.k-mix.co.jp/radzilla/

    最近はアプリで聞く方も増えてるので、radikoならタイムフリーで聞けると思います。

    という宣伝をしてまでの内容になるかは分かりませんが
    主に「じょゆどれ」女優ドレッサーの事についての話しになりそうです。

    2010年初春に「楽屋で見るような電球が付いたドレッサー」は市場性があるのか?
    を検討してて、試作をしていた頃を思い出します。

    テレビのCMなどで「ちらっ」と映る、電球が鏡の周りに付いた、ハリウッドミラーとも呼ばれる
    楽屋の風景は、なんとなく自分の中で引っかかりがありました。

    試作中に1通のメールでの問い合わせが「楽屋で見るような電球ドレッサーを探してる」という
    内容で、ちょうど試作中のドレッサーがありますと画像をお送りしたら、とても
    喜んでいただき、完成後お送りしてさらに喜んでいただいたのが女優ミラー「じょゆどれ」の
    始まりでした。

    女優ドレッサーの特注。

    ウェブサイトで完成したドレッサーを公開すると、すぐに色々な方から反響があり
    私も欲しいという嬉しいメールがあって、自信をもって商品化したのが2010年の6月。

    今思い返してみると、試作中という我々メーカーが一番「もやっとした」時間のタイミングで
    後押ししてくれた方のお陰で、すでに8年以上も形を替えながら製作できています。

    そんな事を思い出しながら明日は10分間お話ししようと思います。

    関本家具装芸個展

    12月8・9日とドレッサーをご覧いただけるよう、新作含めて展示会を会社で開催します。
    ラジオを聞いたよと声掛けて頂ければ、嬉しくて何かサービスしちゃうと思いますので
    気軽に遊びに来てください。

  11. ドレッサーオーダー製作:ワクワクが伝わりました。(製作82)

    女優ミラー

    最初に結果からお伝えすると、わたしが一番感じて欲しい「ワクワク感」を
    ご依頼いただいた方から、「ワクワクしました」というメールを
    返信いただけて本当に良かったと思うオーダー製作となりました。

    ドレッサー女優ミラー

    ライトの点灯の方法などデザインの細部について、ほぼメールだけで製作し完成しました。
    画像みていただくと分かりますが、一つ一つのライトを個別にオンオフできる仕様です。
    今回ご依頼者に簡単に会うことはできない距離のため、考えてみたら一度もお会いすることが
    できませんでしたが、それでも会った事があるイメージがあるのが不思議です。

    女優ドレッサーオーダー製作

    ファブリックは支給いただきました。お気に入りのファブリックで椅子も統一。優しい雰囲気です。
    その他、書ききれない約半年に渡る意志疎通があって、このドレッサーが完成しました。

    一番うれしいことは、もちろんご依頼者が喜んでくださった事ですが
    それ以上にワクワク感が伝わった事かもしれません。

    オーダー製作、毎回緊張の連続です。
    けれどもこの喜んでいただける瞬間が、次の製作に繋がってると思ってます。

  12. 世界に1台のオーダードレッサーの注文方法について(製作81)

    オーダードレッサーで一番難しいのが金額のご提案です。
    一つ一つの仕様が本当に色々で、定価がないのが特注製作なんです。

    ドレッサー半三面鏡オールナット

    今回ご注文いただいたドレッサーも、最初のお問い合わせから
    納品まで半年以上の時間が掛かりましたが
    納品後にお喜びのメールいただき、本当に良かったです。

    ドレッサーオーダーチェスト

    ちょっとした変更
    例えば、塗装色を変えるとか、椅子を変えるとか
    ランプを追加するなどは、弊社ではオーダー対応とは言いません。

    オーダー製作とは
    「オリジナルデザインで世界に一台だけの製作」と関本家具装芸ではとらえてます。

    カタログに掲載のドレッサーを検討されてて
    「塗装色を変更できますか?」
    「椅子やファブリックを変更できますか?」
    などはオーダードレッサー対応ではなくて
    日常的に普通にご提供してるドレッサーと同じになりますので
    ご安心ください。(敷居は低いです。)

    フルオーダードレッサーにはできないけど
    ちょっと変更してオリジナル感を出してみたい。

    そんなご要望は迷わずにカタログ請求からお願いします。

    もちろん、世界に一台しかないドレッサーのご要望も熱烈歓迎です。

ページ上部へ戻る

カタログ請求はお気軽にこちらから