• オーダードレッサー製作:両面使いのスタジオミラー(製作86)

    オーダードレッサースタジオミラー

    女優ライト付きスタジオミラーの別注製作。
    両面鏡で両サイドから二人同時に使える対面式のドレッサーです。

    スタジオ女優ミラー

    右後ろが通常仕様のスタジオ女優ミラー。
    左手前が両面鏡の対面スタジオ女優ミラー。

    ショップ中央スペースでの利用などに
    両面タイプはおすすめです。

    美容院、ビューティーサロン、コスメショップのカウンターなどに
    サイズオーダーも随時ご相談受付しております。

  • ドレッサー製作特別な高さのミラー(製作85)

    サロンドレッサー

    座る椅子の座面が70センチと普通よりも高いカウンターバーチェア?サイズに合わせたドレッサー製作。

    通常よりも天板位置が30センチほど高くなっています。

    ビューティーサロンドレッサー

    スタイルだけ見ると、脚の長いモデルさん?それともキリン?安定感はギリギリのように見えます。
    スタジオミラー黒と白

    施工会社からの依頼のために、最終の収まりが分からないのが残念ですが
    イメージを言葉でもデッサンでもいただければ形にできます。

    1台製作でしたが、逆に1台からでも別注サイズオーダーが可能。

    「こんなドレッサーが欲しかった」と最後に言っていただければ、それだけで十分です。

    オーダードレッサー製作、まだまだ続きます。

  • 修理再生 ダイニングテーブルと椅子 再塗装・リペア・張り替え

    2018年の12月にダイニングテーブルと椅子6脚
    修理・再塗装・クッション張り替えのご注文をいただきました。

    最初にご依頼者より送られてきた資料がこちら。
    わかりやすくまとめていただき、修理の判断がし易く助かりました。
    修理再塗装家具ダイニングテーブル

    現物を一度確認したいため、椅子1脚とテーブルの一部をお送りいただきました。
    修理の可・不可を確認した上で残りをお送りいただきリペアの開始。

    塗装剥がし再塗装リペアダイニングテーブル

    実際にテーブルを組んで確認。
    事前に資料で確認してましたがやはり実物は結構な痛み具合。塗装はしっかりしており、その分剥がすのが大変な状態。

    クッション取り替えダイニングチェア

    椅子は先に既存のクッションからはずして、塗装を剥がす作業に。
    (画像はすでに作業が進んでおり剥がし始めてます。)

    塗装剥がし再塗装ダイニングチェア椅子

    剥がす作業が進行しますが、なかなか塗膜が厚くて全てを落とすのが大変。
    削っても削っても基調色が残ります。

    リペア塗装ダイニングテーブル

    テーブルの方も塗装剥がしスタート。椅子と同じくこちらも手ごわい。

    塗装剥がし再塗装ダイニングテーブル

    徐々に綺麗になってきました。
    それでも基調の赤色が残ります。

    塗装剥がし再塗装ダイニングチェア

    椅子もかなり削り込み、これ以上は椅子が変形しそうなためここでストップ。
    最初の状態から比べるとかなり色が落ちました。

    再塗装ダイニングテーブル

    テーブルはフラッシュ構造(合板と芯材の組み合わせ)のため、削り込むことは不可能。
    そこで突き板(木を薄くスライスしたもの)で張り替えてしまうことに。

    ご依頼者が無印の家具をお使いということで、無印がよく使う「オーク材」で張り替えることにしました。
    ベッドも無印のオーク材ということで材料は迷いませんでした。

    オーク材リペアダイニングテーブル

    元の状態がわからないオーク材テーブルに大変身。

    修理突き板張り替えダイニングテーブル

    テーブルの脚もオーク突き板で張り替えたため、新品のような状態。

    リペアダイニングセット

    塗装を剥がした椅子と突き板で張り替えたテーブルをセットしてメールで写真を送る。

    修理再塗装椅子チェア

    さて、ここで問題発生。
    椅子の赤で囲った丸部分、試しに塗料を塗ってみると、削ったはずの塗料が中から滲み出てくる。
    木の中まで浸透した赤い塗料が、実はまだ木の奥には残っていて
    上から塗料をかけると中の塗料が引っ張り出される。(浸透圧ですね。)

    リペア塗装ダイニングチェア

    再度削って塗料をかけても、同じ現象が。これはもうお手上げ。

    ということで当初色を着けないというのが塗装の条件でしたが、着色をしてこの赤い塗料を目立たなくさせる作業に変更。

    ご依頼者にも説明しご了解いただきました。

    再塗装椅子チェア

    苦肉の策で再塗装した結果が右側。
    若干下の赤い塗料が見え隠れしますがそれでもかなり隠せました。

    再生ダイニングテーブル

    そして突き板で張り替えをしたテーブルも塗装に。こちらは本当に新品の状態に。

    リペアダイニングテーブル再塗装

    脚も取り付けてテーブル完成。上から見える部分は完全にオーク材新品テーブルです。

    ダイニングチェアーのファブリック張り替え

    椅子も塗装が終わりクッションが張り上がりました。
    青系のデニム色のようなファブリックはご依頼者へ数種類サンプルを送り決めていただきました。
    発色良く張りのあるしっかりとした良い生地です。

    修理椅子のファブリック張り替え

    6脚揃いました。ファブリックの青い色が目に先に飛び込むため、いい意味で塗装の中にある赤い基調色がめだたなくなりました。

    再塗装中に何度も何度もメールで画像確認いただき
    そのうちにご依頼者とコミュニケーションが深くなり
    私がお会いしてみたい気持ちと、送料が節約できるため自分で配達に伺うことに。

    修理後のテーブル椅子設置

    配達後、組み立てして設置した状態。
    家の雰囲気とテーブル椅子がとても良く合っています。

    ご家族ともいろいろお話しさせていただき
    このダイニングテーブルセットは40年前にご依頼者のご両親が購入されたお話しや
    元のメーカーからは修理を断られたことなど
    ここに至るまでの経緯を聞かせていただきました。

    実際にご両親にも座っていただき、また綺麗な状態で使えると
    とても喜んでいただけました。

    当初予定よりも時間が掛かり、弊社としても大変な再生作業となりましたが
    結果お客様に喜んでいただけたことがなにより嬉しかったです。

    修理再生にはそれなりのコストが掛かります。
    ただ捨てて新しいものに買い換えるだけでなく
    思い入れのある家具をもう一度使いたいというご要望あれば、これからも対応していきます。

  • オーダードレッサー製作 ナラ材の三面鏡とTV用チェスト(製作84)

    去年よりご注文いただいておりましたオーダー製作が完成しました。

    オーダー製作ドレッサー

    レトロなデザインが逆に新鮮でクラッシックな中にモダンな雰囲気もある
    半三面鏡とTV台機能を付けたチェストのセットです。

    ドレッサー用AV機器収納チェスト

    中に収納する機器のサイズも事前にお聞きして合わせてあります。

    オーダードレッサー半三面

    こちらは基本的な作りでおなじみの半三面の裏収納。

    オーダードレッサーチェスト

    表面の感じと天板のデザインも他には無いデザインと機能。

    ファブリックも独自にお選びいただき、ドレッサーの雰囲気とばっちり合っています。

    凝ったデザインで少々お時間いただいてしまいましたが
    気に入った一台ができるのがオーダードレッサーの最大の良さ。

    気に入ったドレッサーが見つからない、そんなお声にこれからも対応していきます。

  • ドレッサーオーダー半3面製作「高さにこだわり」(製作83)

    2018年の年末に納品済みだったオーダードレッサーのご紹介です。

    高さにこだわりとは
    弊社のドレッサー、天板までの高さは73センチに統一しています。
    これは一般的なテーブルやデスクなどが70〜73センチで作られているため
    その上限での寸法で以前より統一しています。

    今回のオーダー製作は、この高さを若干低くしての製作でした。

    まずは完成イメージ図がこちら。
    オーダー製作ドレッサー

    お客様とのイメージ共有と、弊社の製作で職人達が共通のイメージを持つことで
    図面で伝わらないニュアンスを見てもらいます。

    今までお使いのドレッサーが弊社のドレッサーよりも低く作られていたので
    すでにその高さに使い慣れていて、新調にあたってもこの点は引き継がれました。

    完成した写真がこちら。
    オーダードレッサー半三面

    ドレッサーの収納部分

    ドレッサー半三面閉じたところ

    ドレッサー半三面鏡後ろの収納

    弊社で使用する椅子も73センチの高さに合わせて座面を決めるため
    椅子もドレッサーに合わせて脚をカット。

    ドレッサー自体のデザインはとてもオーソドックスですが
    姿見にできる高さを持たせたり
    扉内の収納にもお客様の使いやすい位置、サイズと見えない部分で
    オーダー製作の良さが詰まっています。

    色も今お使いのチェストの横に置くために、そのチェストに合わせての塗装色。

    最後ちょっとバタバタしてしまいましたが年内に納品ができてよかったです。

    オーダードレッサー製作は現在も進行中。またご紹介します。

  • 本年もよろしくお願い申し上げます。

    2019年スタートしました。

    昨年は色々な方にお世話になりました。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

    仕事始めは7日からですが
    お正月休みを利用して家具を見たいという方がいらっしゃるため
    出来るだけショールーム開けてご覧いただけるよう対応しています。
    今年もたくさんの方に喜んでいただけるものづくりを続けてまいります。

    関本家具装芸 取締役専務 関本雅和

    関本家具装芸初日の出

  • 畳と正月お飾り。

    昨日は年内最後の出張で雪降る中での大阪と神戸に行きました。
    大阪は大阪駅の近くのカフェで2時間ほど打ち合わせ。
    神戸は三宮の駅近くのカフェで2時間ほど打ち合わせ。
    ほぼ始発の静岡で18時前には靜岡着。大阪神戸近い。

    靜岡駅降りてバス停に繋がる駅ビル・パルシェのコンコースで
    家具メッセ展示会にも出展してくれた松葉畳店さんの
    い草で作ったお正月飾り販売に遭遇。

    い草を使うお飾りの潔さに思わず感銘でうちに飾りました。

    い草のお飾り

    やっと年越しの雰囲気になった我がこころ。

    畳っていいですね。

  • 年末年始のお休みについて。

    12月8・9日はラジオを聴いたよ、という方がショールームまでご来場いただき
    本当にありがとうございました。

    現在ショールームではドレッサーと古材家具ikpのシリーズ両方をご覧いただけます。

    平日は9時から18時くらいまで。
    土日祝日は事前にご連絡いただければご予約制となりますが、時間を合わせてご覧いただけます。

    今年もあと1週間。
    週明け25日から28日まで年内最後の発送となります。

    カレンダーの都合で年明けは1月7日が仕事始め。
    今年は少し長めのお休みをいただきます。

    休み中もメールは毎日チェックしてます。
    年末年始で家具を見たいという方、予定が合えばショールームは開けますので
    メールかお電話でお問い合わせください。

    ソフィアドレッサー

    ニュートラルグレーの女優ミラーを製作中。色違いで3色展開予定です。
    興味のある方、お問い合わせください。

  • 12月4日静岡のFMラジオで10分お話しします。(オーダー製作の原点)

    女優ミラー初号機

    静岡県のFMラジオ局「K-MIX」朝8:30から10分ですが
    電話で出演させていただきます。

    https://www.k-mix.co.jp/radzilla/

    最近はアプリで聞く方も増えてるので、radikoならタイムフリーで聞けると思います。

    という宣伝をしてまでの内容になるかは分かりませんが
    主に「じょゆどれ」女優ドレッサーの事についての話しになりそうです。

    2010年初春に「楽屋で見るような電球が付いたドレッサー」は市場性があるのか?
    を検討してて、試作をしていた頃を思い出します。

    テレビのCMなどで「ちらっ」と映る、電球が鏡の周りに付いた、ハリウッドミラーとも呼ばれる
    楽屋の風景は、なんとなく自分の中で引っかかりがありました。

    試作中に1通のメールでの問い合わせが「楽屋で見るような電球ドレッサーを探してる」という
    内容で、ちょうど試作中のドレッサーがありますと画像をお送りしたら、とても
    喜んでいただき、完成後お送りしてさらに喜んでいただいたのが女優ミラー「じょゆどれ」の
    始まりでした。

    女優ドレッサーの特注。

    ウェブサイトで完成したドレッサーを公開すると、すぐに色々な方から反響があり
    私も欲しいという嬉しいメールがあって、自信をもって商品化したのが2010年の6月。

    今思い返してみると、試作中という我々メーカーが一番「もやっとした」時間のタイミングで
    後押ししてくれた方のお陰で、すでに8年以上も形を替えながら製作できています。

    そんな事を思い出しながら明日は10分間お話ししようと思います。

    関本家具装芸個展

    12月8・9日とドレッサーをご覧いただけるよう、新作含めて展示会を会社で開催します。
    ラジオを聞いたよと声掛けて頂ければ、嬉しくて何かサービスしちゃうと思いますので
    気軽に遊びに来てください。

  • 静岡来たなら寄ってって。

    週末、世間は11月23〜25日の3連休。
    ありがたい事に週末に合わせて家具をご覧になりたい遠方からのお客様がありました。

    で、毎度お客様の帰り際に「しずおか寄っていただきたい場所」のオススメをどこにするか苦慮する。

    食べ物であれば、高級過ぎず大衆過ぎず。
    自分が旅先で思う「いつもより少しは出しても良いかな?」という
    感覚でランチ場所をオススメしてます。

    立ち寄れる場所をもう一つ欲しい。
    景色の良い場所はだれでも共感が得られるスポット。
    なので日曜日の午後はこの場所に行って確認してきました。【日本平夢テラス】です。

    日本平夢テラス
    設計は今をときめく隈研吾建築都市設計。隈先生がふんだんに使う木材の建築はオリンピック前に必見です。
    日本平夢テラス
    富士山を見ながら駿河湾から箱根、西伊豆、先端の石廊崎方面までが見渡せる。この方角が一番人気。

    日本平夢テラス
    静岡市の中心地。東静岡駅から静岡駅の静岡市街地が見渡せる方角。
    日本平夢テラス
    静岡市より西側の久能山や焼津から御前崎までが見渡せる海の綺麗な駿河湾。こっちもオススメ。
    日本平夢テラス
    これからの季節は空気が澄んで晴れの日が多くなる静岡なので、もし時間があれば日本平に寄って静岡の景色を楽しんでください。天候が良ければ駿河湾一帯を見渡せます。

    【新作個展のお知らせ】
    関本家具装芸個展

    12月2・8・9日は個展を開催します。遠方よりお越しの方は、ぜひ帰りに日本平に寄ってみてください。
    ランチ場所は別途私のオススメをご案内します。

  • 12月イベント参加とドレッサー展示販売会開催のお知らせ

    12月1日から始まるシズオカクラフトウィーク「共生」のファクトリーツアーイベントに参加します。

    静岡でものづくりに関わる、家具に限らないいろいろな方々の働く現場を見ていただくイベント。

    関本家具装芸は12月1・2日と8・9日の4日間の参加です。

    シズオカクラフトウィーク共生

    シズオカクラフト共生

    また12月1と2日に限り、シズオカのものづくりの由来である静岡浅間神社(地元ではお浅間さんとよばれてます。)の境内でクラフトマーケットも開催。「SENGEN CRAFT MARKET」

    【このイベント参加期間中にドレッサーの展示会を開催します。】

    未発表の新商品を含めて、従来品で人気の高いドレッサーを展示販売します。

    関本家具装芸個展

    詳細はこちらでもご覧いただけます。

    開催日
    ・12月2日 日曜日 10〜16時
    ・12月8日 土曜日 10〜16時
    ・12月9日 日曜日 10〜16時

    ご予約は必要ありませんが弊社接客は一人のため、ご来場時間が分かると大変助かります。

    「お店でドレッサーの展示が見られない」
    というメールが多く、今回休みに合わせての3日、個展を行います。
    当日は椅子を選んだりファブリック見本を選んだりと、ウェブでは伝わらない質感もお話しできればと考えています。

    ドレッサーを見ながら、静岡のクラフトイベントも周遊できる「お得な」機会です。ぜひ静岡まで遊びにいらしてください。

  • 豊橋・伊良湖・豊川

    わけあって、今日は豊橋に予定があり
    夕方までは帰ることができないため、豊橋から渥美半島へ。
    半島の先端、伊良湖岬。
    伊勢志摩が見えるところまで行くことにしました。

    伊良湖

    豊橋から伊良湖までは、ほぼ1時間キャベツ畑。
    新潟をクルマで走った時にこの田んぼの米は日本で本当にぜんぶ消費されるのか?
    と感じたと同じくらい
    このキャベツが全て消費されるのか?と感じた壮大なキャベツ畑・畑・畑。

    伊良湖岬灯台

    到着した伊良湖岬灯台から見る三重方向。
    左手に神島という島が見える。

    伊良湖灯台

    伊良湖岬の大型船の往来を守る本来の灯台はこっちかな。

    これから湾内に入る巨大なコンテナ船。狭い伊良湖水道にひしめく大小の船。

    さらに時間があるため
    有名な豊川稲荷まできました。

    豊川稲荷

    子供の頃に親に連れられて来た、かすかな記憶がある豊川稲荷。

    I’m not sure but I think.

    今日は息子の運転手でしたが、久しぶりドライブ楽しめました。

  • ページ上部へ戻る

    カタログ請求はお気軽にこちらから