オーダードレッサー

  1. どういう訳かオーダードレッサーで人気です。(製作16)

    ドレッサーディヴァインカタログ

    連続のオーダードレッサー紹介です。

    ウチのサイトのトップでも使っているこのドレッサー
    ディヴァイン片袖半三面とチェストのセット写真です。
    これ、静岡の函南というところで別荘を借りて撮影した貴重な写真です。

    このドレッサー、カタログで販売している時はそれほど売れたドレッサーでは
    無かったのですが、カタログから外した途端にオーダーでの注文が多くなった
    不思議な半三面です。

    今回もオーダーで頂いたご注文でしたが、チェスト部分をオリジナル仕様にしたい
    ということで、こんな感じになりました。

    ドレッサーチェスト

    一番上がDVDや AV機器が入るようになっていて、扉がフラップで開くようになってます。

    ドレッサーチェストセット

    ソフトダウンステーによって扉がゆっくりと開くので、バタン!といった音が出なくスムーズな開閉です。

    「自分のサイズのドレッサーが欲しいけど、イラスト書いたりできない」
    というオーダードレッサーの相談がありますが、一からデザインを起こすのは
    なかなか難しいです。(それができればデザイナーになれますから(^^))

    何かあるベースから考えていくと、結構希望の形が見えてきます。

    このドレッサーが希望に近いけど、ここをこんな感じに変えて、みたいなところから
    スタートしていけば、気に入ったオリジナルのドレッサーが意外に見えてきますよ。

  2. 特注家具。酒屋さんのレジカウンター。

    久保山酒店

    直接のオーダーではなくて、仕事繋がりの中から
    自分がちょこちょこ利用させていただいている酒屋さんの改装に
    レジカウンターを作るという事で今回関わらせていただきました。
    これってとっても嬉しい事なんです。

    作る家具のイメージで一番大切なのは、実は使う人を知るということです。

    だから何回もお酒を買いに行った事のあるお店というのは
    扱っているお酒の種類はもちろん、店主の人柄とか、そういう普段の顔が見えていて
    作る過程で一番悩む、どういう物を望んでいるのかを考える時間が省けて
    作ることに集中できるということで適材適所、運命的な依頼だったって事ですね。(笑)

    もう一つ分かった事がありました。

    今回使ったカウンターの天板、クルミの一枚板ですが
    今時、こんな厚み(65mm)の一枚板があること自体も驚きですが
    それを店主が気に入って指定してくれた事、そして出来上がってみて
    材料が良ければ良いほど手を掛け過ぎない方が素材の良さを引き出してくれる。

    手を抜いた訳ではないけれど、塗装はなるべくさっぱりと仕上げるため
    ガラスコートの塗装をしました。
    この塗装、単純だけどとても神経を使う塗装方法です。
    そして素材が本物でないとなにも活かされない塗料。

    このクルミの一枚板のおかげで、カウンターの良さが引き立ちました。

    技術も経験ももちろん必要です。
    でもそれ以上に素材の良さ、自然が長い年月で築いた重みには
    やはりまだまだおよばないって事ですかね。ちょっと悔しいですが。

  3. ひさびさのオーダードレッサー鍵付き半三面(製作15)

    オーダードレッサー 三面オールナット

    オーダードレッサーの紹介です。

    現在、製造中止の商品「ディヴァイン収納半三面」をベースにしたライト付きのドレッサーです。

    立っても顔が写るように鏡の高さをサイズアップしました。

    プロパー商品にはない高さですが、意外に使いやすいサイズです。

    オーダードレッサー ウォールナット

    引出しも細かくサイズを調整して、スライドレールが必要な場所には

    それを付ける事で収納スペースが奪われないよう10mm刻みで寸法の調整を。

    面白いのは左の下の引出し。

    これ、アルミで作ってもらったトレーなんですが、ここをゴミ箱にするそうです。

    メイク用コットンなどを入れるのでしょうか?ここはお化粧したことない男には分からない使い道。
    でも大変参考になりました。

    オーダードレッサー ヒミツのかぎ付き

    そしてもう一つ面白いアイディアがここ。
    ドレッサーの引出しに鍵を付けて欲しいという要求はけっこうあるのですが
    鍵が付いてるというのはいかにもそこに「大切な物がありますよ」と
    分かってしまうのはどうも?というご意見をいただきました。

    「意外に収納三面て、鏡のうしろにスペースがある(鏡が開く)のは知らないものですよ。」

    ということで、では鏡が開かないようにロックできる構造にしよう、ということで
    この上のような機能をプラスしました。

    面白いですね。

    このようなアイディアが飛び出してくるのが、プロパードレッサーにはない
    家具の事には素人(失礼!)でも家具を使うプロの意見なんですね。

    オーダードレッサー、まだまだこれからもご紹介していきます。

  4. オーダードレッサー チェスト&ミラー(製作14)

    tokutyuchest.jpg

    毎朝、時間が無くて座ってられない。

    出勤前の時間が限られてて、朝、立ったままお化粧されるという方も多く
    椅子はいらないから、その分収納スペースがほしい。
    というご要望で作られた「チェスト&ミラー」のドレッサー。

    幅750 奥行410 高さ(天板まで)730 鏡を入れて総高さ1440

    時間をかけてメイクをゆったり楽しむために、ゆったりの椅子を付けての
    ドレッサーをオーダーされる方も多いですが
    こんな機能優先のドレッサーも使う人によっては有難いようです。

    いろいろな形があっていいと思います。
    鏡が中心であれば、あなただけのオリジナル「ドレッサー」になりますよ。

  5. オーダードレッサー ミルクペイント。(製作13)

    ミルクペイント

    もともと優しい木目をもつメイプル材に
    仕上がり感も優しいミルクペイントでの塗装。
    完成した表情は今までに無く優しい雰囲気に包まれました。

    特注でのご注文で学習机の塗装にミルクペイントを使いましたが
    ドレッサーでも使う事が可能です。

    そんな塗料ですが
    ミルクと言うからには牛乳でしょ?となるわけですが
    本当に牛乳成分からできた塗料です。

    変な話。
    この塗料を使って塗装すると、毎回毎回、なんらかの虫が寄ってきます。
    主に飛ぶことのできる虫。
    どこからか主成分の香りがするのでしょうか?

    もちろん、塗装後に乾燥するとそんなことは無いのですが
    塗装中はまったくニオイも無く、とにかく優しい感じがいっぱいです。

    新作ドレッサーでこの塗装を試してみようか考えてます。

    白以外にも、あっと思うような色もできます。来月の展示会が楽しみです。

  6. 特注製作オーダードレッサー「半三面リッツ750」。(製作12)

    オーダードレッサーの紹介です。

    関本家具装芸のプロパー商品で、リッツ(リンクはこちら)という横幅90cmの
    ドレッサーがあります。今回はそのサイズオーダー的なドレッサーとなりました。

    今回の特注のご依頼は、「幅が75cmで収納がすべて引き出しの半三面ドレッサー」という点に絞られていて
    塗装色、クッションの素材や色などのご希望が最初から決まっていたという事もあり
    打ち合わせから製作、完成までがとてもスムーズに進められました。

    「扉ではなくて引き出しにする」というご要望から、当初、クリスタル(リンクはこちら)をベース
    にするという選択肢もあったのですが、コストや使い勝手などを考慮して、結局リッツをベースにスタート。

    イメージを明確にするため、画像を合成し、完成のイメージ写真を作りました。
    以下がイメージ写真と図面です。

    リッツ合成画像

    商品写真を合成して完成イメージに。

    リッツ 図面

    簡単ですが必要な情報が最低限分かる図面。

    さて、出来上がったドレッサーはというとこちら。

    リッツ半三面750

    正面から見たところ。

    リッツ 正面 ウェンジ色

    どうですか?

    イメージの合成写真とそっくり、というか見分けがつかない位に仕上がりました。

    無事に配達が完了して、ご購入いただいたY様より嬉しいメールをいただきました。
    (ご本人にご了解を得て掲載させていただきました。)

    この度は素敵なドレッサーを有難うございました。
    とても気に入りました。パーフェクトです!
    椅子の形と皮も、気に入っています。
    デザイン・色等全て希望通りですし、引き出しの開閉が軽くスムーズで
    細部もしっかりと丁寧に作られていると思いました。
    関本家具装芸様にお願いして、本当に良かったです。
    大切に使います。
    どうぞ皆様にも宜しくお伝え下さい。

    今回のドレッサーはご依頼者のご要望がハッキリと絞られていて
    それ以外の仕上げに関してはすべてお任せいただけたことで、とても仕事がスムーズでした。

    ドレッサーを考える上で難しいのは、内部の仕様全部に制約をつけてしまうと
    寸法やバランスでどこかつじつまが合わなくなることです。
    例えば、高さ100cmのチェストで引き出しを4ハイにしても、各引き出しの内部寸法は25cmではないからです。
    (構造上、天板や棚板、下台などの寸法を考慮していくと引き出しを増やすにつれて収納は減っていく。)

    Y様の場合、絶対に必要な部分(寸法・仕様)と、それ以外はお任せ(内部構造)でというご依頼で
    こちらとしても守るべきところがハッキリと見えて、図面から製作が順調に進みました。

    せっかく作る世界で1台しかないドレッサー、いろいろな要望を盛り込みたくなります。
    けれども、機能とバランスを整える上で一番必要なのは、機能に優先順位をつけて
    どこかで線引きをしていただけると、最終のバランスはお任せいただけることで
    製作期間の短縮やコストを抑える効果につながります。

    Yさま、こちらこそオーダードレッサーのご依頼をありがとうございました。
    ぜひ大切に長年お使いください。

  7. セレクトショップの什器。

    アンビアンス店内

    個人的に飲み友であるセレクトショップで使う什器の製作依頼を受けました。

    ドメスティックからインポートまで扱う静岡ではバツグンの品揃えアンビアンスさんです。

    「商品を置くスペースが足りなくなってしまった!大至急!」

    ということで、去年の話ですが急遽、アイアンと板と照明の組み合わせで設計。

    LED 什器

    寸法はw1800 d450 h1520 棚は5段にしました。

    棚の下は陰になり、せっかくの良い商品が暗く見えにくくなってしまうので
    棚にLEDのテープライトを照明に埋め込み、下にくる商品を見やすくしました。

    LEDのテープライトは寸法指定ができるので、棚の間口に合わせた設計が可能。
    そしてテープ自体が2mm厚なので、棚の下に隠すことができ、5万時間の設計寿命があるので
    一日10時間営業で365日休み無しでも約13年間持つ。(ハズ)(実際にはバラツキもあると思うが。)

    と、言うことで、撮り忘れていた写真を撮らせてもらいました。

    ikpで鉄の塗装を始めてから、色んなところでこの塗装が役に立つようになりましたね。

    このように家庭用ではなく店舗用としても製作が可能ですので、店舗オーナーや
    店舗設計にかかわるお仕事の方、製作予定があれば一度ご相談ください。

    棚に古材を使うことももちろん可能です。

  8. オーダードレッサー紹介じょゆどれ一面。(製作11)

    じょゆどれ 一面

    オーダードレッサーの紹介です。

    webからのお問い合わせで、一面鏡のじょゆどれがご希望とのこと。

    片道3時間以上かけて静岡まで打ち合わせに来ていただきました。
    本当にありがとうございました。
    実は一度鏡の作り直しがあり、最初にお伝えしていた完成日よりも1ヶ月ほど
    遅くなってしまいましたが、先日無事なんとか納品完了です。

    じょゆどれ 一面 オープン

    細かいところに色々とご要望が詰まっていて
    引き出しのサイズやスライドレールの種類など
    椅子に「スキー板」を付けて、床をなるべくキズにしない作りとか
    とにかく細かいところまで作りこめるというのがフルオーダーの家具の良いところ。

    ドレッサーって一度買うとあまり買い換えの無い家具なんです。
    そして本当に自分にとって使いやすいドレッサーにこだわれば
    こだわるほど、お店ではなかなか気に入ったのが見つからないという方が
    最終行き着くところが「フルオーダー」という選択なんでしょうね。

    いつもオーダーのご要望を聞いていると、驚きと新鮮なアイディアがあって
    1台作るというのは大変な仕事ですがこちらも楽しくやらせてもらっています。

    ドレッサーに限らずダイニングテーブルや書斎の家具、TVボードなども
    提案可能です。

    家具をオーダーで検討中の方、ぜひ一度ご相談ください。

    気にっていただけるまでじっくりと仕様を一緒に考えましょう。

  9. オーダードレッサー姿見兼用半三面 上下ライト付き(製作10)

    久しぶりにオーダードレッサーの紹介です。

    新居に住まわれて1年半。
    気に入ったドレッサーがなかなか見つからず、インターネットを通じて特注のご依頼がありました。

    一度、静岡にも来ていただき、実際にいろいろなドレッサーをご覧いただきながら
    ご要望をお聞きして、図面、見積もりをし、少し時間が掛かりましたが先週無事納品となりました。

    両袖オールナット

    w850 d450 th1720

    姿見としても使えて三面鏡になるドレッサーは最強です。

    上下にある蛍光灯の明かりがメイク時の光のサポートにとても有効です。

    両袖オールナット 中の仕様

    収納にもこだわった作りで、鏡の後ろもすごいことに。

    でも、点灯試験中のこのドレッサーを見て、みんなが商品化した方がいいと
    言ったくらいに良いドレッサーとなりました。

    わがままいっぱいのオーダー家具だからできること、ぜひオススメしたいです。

  10. オーダーメイド ドレッサー ナチュラル(製作9)

    ディヴァイン ナチュラル

    今月の初めにお納めした、オーダーメイドドレッサーの紹介です。

    原型はわたしたちの商品「ディヴァイン」の両袖をベースにして

    1.椅子をJ型に変更
    2.引き出し全てにスライドレールを使用する
    3.上の引き出しに鍵を付ける
    4.鏡の後ろのスペースをすべて収納にする。

    という内容をお客様が簡単な「スケッチ」を書いて送ってくださり
    とてもスムーズに製作が進行しました。
    わたしたちの方からはそれに合わせて図面を作り、確認を取ってすぐに製作開始。

    ディヴァイン かぎ付き

    通常、オーダー家具の製作日数は45~60日を頂いてます。
    この日数には打ち合わせ期間が入ってません。

    仕様や寸法の確認のためメールや電話で何回も打ち合わせをしますが
    この打ち合わせが以外に時間が掛かります。

    でも今回のように仕様が決まっていると図面作成がとても早く、一気に家具製作に入ることができました。

    特注家具・オーダードレッサーを検討してる方、簡単な絵や言葉でも十分です。
    少しでもイメージがあれば、伝えていただけるととてもスムーズに完成します。

  11. オーダードレッサー ロンド収納半三面(製作8)

    ロンド収納半三面 ナラ

    特注で鏡台の製作依頼を受けて、先日無事に納品が終わったドレッサーの紹介です。

    関本家具装芸のプロパー商品の中に「ロンド収納半三面」というドレッサーがあります。
    タモ材で作られているドレッサーで、最近のヒット商品ですが、今回お受けした特注は

    1.材料をナラ材で。
    2.引き出しのナラ無垢板にオリジナル彫刻を入れる
    3.椅子を豪華なタイプに変更
    4.ドライヤー用のフックも付ける。

    という内容でした。

    ロンド収納半三面 彫刻
    オリジナルの彫刻。

    ドライヤーフック ロンド収納半三面
    アンティーク調のドライヤーフック。

    ご依頼主から最初にメールをいただいたのは去年の11月のはじめでした。
    お納めしたのが4月のはじめ。
    約5ヶ月を経てやっとお渡しすることができました。

    前半3ヶ月間が細かな打ち合わせ。色を決めたり、素材を決めたり、彫刻のデザインを数種類提案して
    その中から選んでいただく作業や、タモ材とナラ材を比べてみたり。
    具体的に形が決まってから約2ヶ月の製作期間をいただきました。

    その間、打ち合わせからお引渡しまでお互いが送ったメール、今日数えたら45通(!)ありました。

    でも、お届けした後にご依頼のご主人と奥様お二人から喜びのメールをいただきました。

    【用もないのにドレッサーが置いてある部屋に行っては眺めているんですよ。】

    とても嬉しい言葉をいただき、こちらとしても作らせていただき本当にありがとうございました。

    インターネットを通じてお受けする特注家具は、手間との勝負です。
    同業他社から「特注家具は手間のわりに儲からない」と言われたことがありますが
    確かに商売としてシビアにみればそうかもしれません。
    ただその過程で、私達が普段、直接お客様と接する機会が少ない中、色々な貴重な意見を
    聞く事ができるし、もしかしたら私達が考えられないようなアイディアを聞く事ができるかもしれません。

    また、それ以上に
    「作ってもらって本当に良かった。」
    と言っていただけるのは、物を作る人間にとって、お金には変えられない何かがあります。

    お客様から喜んでいただけることが、このオーダー家具を作り続ける理由にあります。
    だからお客様からいただくお礼の言葉に、私達も本当にありがとうと心から伝えています。

    OO様、これからもずっと大切に使って下さいね。

  12. 工場でよければいつでもどうぞ!

    関本家具装芸 本日  お休みいただいております。

    昨日、仕事中に「おや?ノドが変?」と思ったのもつかの間。
    今日は朝起きてみれば完璧にのどがやられました。風邪の引き始めですな。
    明日の仕事のために、今日は予定を全てキャンセルして家で休んでます。
    ただし、カタログご請求いただいた方には本日クロネコメール便の速達で
    お送りしましたので、お楽しみに。(明日到着予定です。)

    ここ最近お問い合わせで

    「鏡台を実際に見たいのですが。」

    という内容のメールまたはお電話が多くなってきました。

    もちろんご覧いただけますし、実際に見て触って座って使い心地を確かめていただきたい。
    そして、お見えになったほとんどの方は満足して購入を決めています。

    といっても私達の会社は本当に「家具製造」の現場です。工場です。

    その一角に鏡台を20台ほど並べています。
    ショップのようなキレイな飾りもありませんし、横では職人が作業をしています。

    まぁでも、本当に製作現場を見ていただくことで、同時に安心感を与えられてると思います。

    月曜日から金曜日までは、午前9時から午後7時頃まではご覧いただけます。
    土曜日は隔週休み、祝日・日曜日は休みになりますけど、事前に連絡いただければ
    なるべく応対させていただきます。
    平日も私が会社に居ないことも多いので、出来れば事前にご連絡いただければ助かります。

    一つ一つ要望をお聞きしながら、少しのアドバイスで最良の一台を探すこともできますし
    オーダー家具のご相談にも対応できます。

    こんな工場でよければいつでもどうぞ!
    もちろん購入予定がずっと先でも、ただ見てみたいという人も、遠慮なく!
    私がじっくりとお話聞きますよ。

    じょゆどれプリマパールホワイト

ページ上部へ戻る

カタログ請求はお気軽にこちらから