オーダードレッサー

  1. オーダードレッサーデスクをメインにした鏡台(製作43)

    以前にオーダー製作したこちらのデスク兼用ドレッサー(←リンクはこちら)をご覧いただいて
    今年の6月にお問い合わせがありました。

    部屋の決められたスペースに収めるため
    製作前に一度採寸に伺い、図面で確認しながらの製作です。

    「メイクもできる」デスクというか、とてもシンプルではありますが、コンセントの取り出し位置や
    奥行きを無駄にしない収納、足元を利用した棚など、シンプルの中に隠れたこだわりが随所にあります。

    奥行き650ミリのフルスライドレールを利用した引き出し。
    ソフトクローズ機能の付いたスガツネ最新のコンパクト化したレールを使用しています。

    手を挟むことが無い、手を離してもゆっくりと閉じるソフトダウン機能の丁番。
    軸受け自体にソフトクローズ機能があり、バタン!と閉じることがなくなるので
    夜に音を出すこともなく、こちらもコンパクトでありながら機能性を重視しています。

    天板はデスクとしての強度(例えばボールペンなどで紙に書いてもキズにならないレベルの)を優先し
    部屋の色調に合わせたアイカのメラミンを使用。
    ただし、メラミンは角が痛いので同色の無垢材を3方向に使って
    手の当たる部分はすべて小さな面取りをすることで、どこを触っても手触りの良い面仕上げにしました。

    これは、使う場所がベッドの横のため、暗い中で手を掛けたりすることがあるだろうと考えて
    万が一、体の一部が当たっても痛くない形状が優先すると思っていました。

    納品するまで約5ヶ月ありましたが、最後は建具の一部を外したりして納品させていただいた
    シンプルながらとても記憶に残るオーダードレッサー(オーダーデスク)となりました。

    現在も特注としてご注文いただいているドレッサーも製作中です。

    「なかなか気に入ったドレッサーがお店で見つからない」
    そんなお悩みの方
    オーダードレッサーを検討してみてはいかがですか。

  2. オーダー製作美容室・店舗用ドレッサー特注(製作42)


    (対面式ドレッサー3台)

    千葉市にあるヘアースタジオ「アルテ」さんから
    店舗を移転するため、新しいドレッサーとカウンターの製作を依頼されました。

    まだ店が完成前で、営業始まったら改めて伺いたいです。


    (受付兼用会計のレジカウンター 幅2100)

    ブナ材をランダムに使って節なども適時に入れた
    コンクリート打ちっぱなしの床にも合うようなデザインにしました。

    色はオーナーの希望で、先に購入されていた椅子(チェア)がブナ材だったので
    その色に合わせることで、一緒に製作したかのような仕上げを目指しました。

    オーダーの製作には力を入れておりますので
    店舗什器などもご要望あればぜひお問い合わせください。

  3. オーダードレッサー。あるドレッサーの派生型。(製作41)

    オーダードレッサーメープル

    オーダードレッサーのご紹介です。

    デザイン的には比較的早く仕様が決まりましたが
    こちらの製作の立て込みで納品が遅れてしまいました。
    お待ちいただき本当にすみません。ご注文いただき本当に感謝です。

    ベースになったのは「このドレッサー」です。2010年に納品いたしました。

    納品の半年後に東北に大きな地震があり、このドレッサーをお使いの方も大変な揺れを経験しました。

    少し時間を空けておそるおそる連絡をすると、ご家族も家具(鏡台)も無事だとわかり
    本当にホッとした思いが今でも鮮明に浮かびます。

    今回ご注文いただいたオーダードレッサー、こちらがベースとなり何かとても感慨深い思いで
    作らせていただきました。

    楽屋のドレッサー女優ミラー

    女優ドレッサー仕様をベースにして、収納付きの3面鏡となったこのドレッサー。
    色はフェアリーテールで一番人気があるミルキーホワイト。素材はメープル材です。

    女優ミラー控え室

    閉じると鏡が見えなくなる実用的な3面鏡。そして引き出しも鍵付きとなって
    収納スペースを優先した実用性とフェアリーテールをベースにしたディテールが
    とてもまとまりよい形になりました。

    ゼロから形を出そうとするとなかなかハードルが高くても
    なにかベースになる形があれば、そこに足したり引いたりして
    自分好みのオリジナルなドレッサーが作れるのも特注製作の良さ。

    今回ご依頼いただいたお客様にもその点をご了解いただき掲載させていただきました。

    オーダー家具、特注ドレッサーご検討中の方
    このブログに掲載しているドレッサーをベースにして
    そこから派生させてみても使い勝手のよいドレッサーが生まれると思います。

  4. オーダードレッサー ライティングミラーとチェスト(製作40)

    らいティングデスクミラー

    オーダードレッサーの紹介です。

    今回、30年使ったドレッサーの買い替えでご注文いただきました。

    「結婚30年記念=真珠婚式」 にちなんで、最初は今お使いのドレッサーに近い
    パールホワイト塗装にしようかともお話をしながらスタート。

    「シンプル イズ ベスト が私の好み」とおっしゃるN様、無駄を省き
    必要最低限を部屋の間取りに合わせてのデザインとなりました。

    ライティングミラー コンセント

    天板を開けると鏡が見えドレッサーに。
    ちょっと見ずらいかもしれませんが、コンセントが隠されており
    USB付きコンセントのため、スマートフォンなどを充電したまま収納ができる。

    チェストアンドミラー

    最終的に素材はオールナットの柾目、落ち着いた色目の濃くもなく明るくもない中間的な塗装色で
    部屋のベッドや絵のフレームのカラーととても良く合っていました。

    「まるで以前からあったかのようにすっかり馴染んでいます。」と嬉しいメールをいただきました。

    シンプルですが、ミラーが閉まる時にはソフトダウンするダンパーヒンジを使ったり
    引き出しはソフトクローズするフルスライドレールを使ったりと
    幅800のチェスト2台の真ん中にシンプルな幅900のドレッサーは
    機能的にも使い勝手がよい仕上がりになりました。

    家に居る時はドレッサーの部屋で過ごす事がほとんどとおっしゃるN様
    これからもドレッサーとの時間を大切に過ごしていただけたら、私たちも嬉しいです。

  5. 「オーダー家具」美容室用ドレッサーを製作しました。(製作39)

    磐田市にopenした美容室riche(リーチェ)様のヘアーサロンドレッサーを製作させて頂きました。

    ヘアーサロンドレッサー

    店内は古材とアンティーク家具をバランス良く組み合わせたインテリアです。

    美容ドレッサー

    新品で製作したドレッサーがアンティークのインテリアに馴染むようなデザインと仕上げ。

    お近くにお住まいの方、カットに行きながら店内のインテリアをお楽しみ下さい。

    Shop: HAIR ATELIER [ R I C H E ]
    Place: 磐田市宮之一色343-1

    設計・施工 有限会社サイズ
    デザイン担当:松村(サイズ)

  6. オーダードレッサー製作 「THE 女優ドレッサー その2」(製作38)

    オーダー女優ドレッサーledライト

    THE 女優ミラーと題して以前に製作したドレッサーをご覧いただいた方から
    ほぼ同じ仕様でオーダードレッサーのご注文をいただき納品しました。

    引出しは無く、ゆったりと二人で使える大きさ。
    そしてデスクとしても使うため、天板奥行きも60センチ以上と
    鏡とライトとデスクというシンプルな機能を組み合わせたドレッサーになりました。

    ledライト付女優ミラーオーダー

    今回、電球同士の間隔が狭いため、通常使うライトよりもサイズを小さくしました。

    けれども光量はしっかりとあり、40wLEDが18個(合計720w相当)と少し「明るすぎるかな?」と
    思えたドレッサーも、実際に納品してセットしてみたら、明るい部屋の中で丁度よい感じ。

    「18はラッキーナンバー」

    ということでライトの数も18個。LEDなので全部点灯しても約60w以下の消費電力。
    これなら電気代も心配ないですね。

    久しぶりに女優ドレッサーらしいドレッサーを作らせていただき、またお客さまからも
    感動しましたと喜んでいただけて、本当に良かったです。

    ブログに掲載しているオーダードレッサー、どれもお客さまのアイディアが詰まった素晴らしいもの。
    気に入ったドレッサーがあれば、それをベースにして自分仕様にすることで、比較的作りやすくなります。

  7. オーダードレッサーファブリックお客さまに教えていただくことも。(製作37)

    フェアリーテールフラワー

    お問い合わせいただく方、みなさん組み合せイメージが上手で
    お客さまから教えていただく事が多々あります。

    ドレッサーそのままでも、ファブリックの変更だけで印象がとても変わる。

    こんな感じの組み合せのフェアリーテールもいいですね。

    色やファブリックの組み合せ、カタログに掲載していなくても
    一度お問い合わせ下さい。
    思わぬ合わせ技で、同じドレッサーが見違えるように変わります。

  8. オーダーチェスト120 ブラック×ウォールナット(製作36)

    特注チェスト120

    プラスチェスト120をベースに今回、杢目を2パターンにした別注チェストを製作しました。

    特注チェストオールナット

    ウォールナットの板目を使い、単色の通常チェストとまったく同じ仕様なのに
    かなり挑戦的なデザインになりました。

    別注チェストブラック塗装

    本当の事をお話ししますと、実はあるメーカーさんのチェストが欠品で
    あるお客さまの納品に間に合わず、急遽こちらに製作の依頼がありました。

    その元となったチェストがこのような2種類の木目を使い
    意匠的に雰囲気を似させたわけですが、お客さまには満足いただけたようです。

    実際、家具を作る生産拠点が海外にあると、ひとたび欠品すれば3縲怩Sヶ月入荷がなく
    ネット上で長期にわたって欠品している商品を見ると、一目で輸入家具だと分かります。

    愚直に静岡でものづくりにチャレンジしている弊社は
    値段だけで比べられたらアジア圏で作られる輸入家具のような価格は出せませんが
    一人ひとりのお客さまへ作り手の考え方も一緒に届けられたら
    そこがもっとも違いとなって現れるのではと思っています。

    ヒアリングからデザイン提案、製作から最終お引き渡しまですべて一環でできること
    それが関本家具装芸の仕事だと考えています。

  9. 別注カラー。特注色のブラック塗装。(製作35)

    プラスチェスト別注色

    在庫は完成品で置いているのではなく
    塗装前の木地在庫となっています。

    お客様に「塗装カラーを自由に指定」していただけるよう
    どの色のご注文にも対応できるようにしています。

    そのため完成品はほとんど無く、まれに
    「すぐ出荷して欲しい」とのご要望もありますが、最短でも1週間は
    発送までのお時間をいただいています。

    正直、同じ色で10台を塗装したほうが効率は上がります。
    けれどもドレッサーのような一期一会の家具は、なるべく多くのお客様に
    満足していただけることを優先して、完成在庫は作らないようにしています。

    そのためカタログに掲載していない色も対応できます。

    写真のチェストはプラスチェスト120ですが
    カタログに掲載していないブラック塗装でオーダーいただきました。

    もちろんお客様のご希望があれば、他の色も可能ですし
    「数年前から使っている家具に近い色できますか?」という指定も多いので
    極力近い色でご提案もできます。(素材等により若干の違いはあります。)

    サイズや仕様変更のオーダー家具はもちろん、色に関しても綿密な打ち合わせで
    ご希望の仕上げにすることが可能です。

    塗装によって同じ家具でも見え方が本当に変わります。
    塗装は家具の見せ方のもっとも大切な一つの工程だと思います。

    ご希望によって見本板をお送りしています。遠慮無くお問い合わせください。

  10. ラルゴとチェストのセット(製作34)

    ラルゴチェストセット

    少し前ですが、ドレッサーラルゴにチェストをセットにしてご注文をいただきました。

    カタログやウェブでもラルゴはドレッサー単体でしか掲載していなく
    チェストをセットにする提案が難しい中、お客様と相談しながらのご提案。

    引出しの前板の作りが少々違うのですが
    素材と色が同じであれば、デザイン的にはまったく違和感なく仕上がりました。

    ドレッサーと同じ収納が欲しい。

    そんなご要望あれば、他の商品との組み合せや
    チェストだけオーダーで作るなどのご提案も可能です。

    まずはお問い合わせください。

  11. 「プチ」オーダードレッサーでもここまでできます。(製作33)

    先日納品しましたプチオーダードレッサーのご紹介です。
    いつもそうですが、ご依頼者のご了解をいただいた上で掲載させていただいてます。

    ラルゴオーダードレッサー
    (椅子は納品した椅子とは別のものです。)

    ベースは女優ドレッサー「じょゆどれラルゴ」収納半三面です。

    もともとラルゴの引出しは大きな引出しが一つ。
    ここを二つに分けて、左が大きく右が小さくと今回のオーダー場所。

    ラルゴドレッサー宝石箱

    「今使っているジュエリーや腕時計などが効率よく収納できるようにしたい」

    というご要望で、特に右の引出しの中について今回作り方を考えました。

    女優ドレッサーラルゴ特注

    収納するアイテムが種類別で分けてしまえるように
    5.5cmしかない高さに2.5cmと3cmのジュエリーケースが2段重ね。

    なるべく収納を増やすため、材料を極力薄く削ります。

    そのため宝石箱がかなり繊細な感じに。

    特注ラルゴドレッサー

    上ケースを取り出すとしたケースが見える。

    よく使う物は上に。それ以外は下に。
    上はスライドできるので、取り出さなくても下のケースに手が入る。

    余すところなく収納です。

    ラルゴ引出し特注宝石

    配達後にW様から実際にお使いの様子を写真でいただきました。

    時計やリング、ピアス、ネックレスがスッキリと収まっています。
    予定通り設計通りでした。

    じょゆどれラルゴジュエリーケース

    そして左の引出しも、市販のアクリルやプラスチックのケースを上手に利用して
    ブラシなどのお道具を整理しています。
    引出しの手入れも楽になり、家具がいつでもキレイに使える技ですね。


    実はW様、12年前に弊社のドレッサーをお母さまからプレゼントされていたようで
    今回のご縁で2台目のドレッサーのご使用になります。

    プレゼントされたドレッサーも気に入って使われていたし、なによりプレゼントと言うこともあり
    買い替えに少々躊躇されていたとのこと。

    でも「古いドレッサーは作ったメーカーさんに引き取ってもらえれば納得」ということで
    今までお使いのドレッサーはわたくしが責任持って引き取らせていただきました。

    引き取りさせていただいたドレッサーも、丁寧に使われていたのでとても状態がよく
    まだまだ十分使えるものでしたが、今回はこだわりの収納方法に仕上げたので
    きっと今まで以上にW様には愛着のあるドレッサーになったと思います。

    このように、フルオーダーにしなくても、部分的なオーダードレッサーと言う方法もあり
    価格もフルオーダーと比べればリーズナブル、そして納期も半分くらいで製作が可能。

    もしご予算と納期に制約があれば、ぜひプチオーダードレッサーもご検討ください。

  12. オーダードレッサーの紹介 七分半三面と収納たっぷりの引出し(製作32)

    オーダードレッサー七分半三面

    オーダードレッサーの紹介です。
    鏡の高い、幅広な七部半三面で立ったままでも十分に頭の先まで鏡に映る
    姿見兼用タイプのドレッサーです。

    (クッションはご注文いただいた物とは別の物となります。)

    下台の寸法はプリマ収納半三面に近い寸法になっていますが
    http://www.sekimoto.co.jp/prima.html
    引出しの高さや仕切りの作り、ティッシュボックスの入るスペースなどは
    ご依頼いただいた方の細かな仕様となっています。

    実はお恥ずかしい話しですが、この仕切り板、実際には取り外し式が正解で
    固定にしてしまい作り直しとなり、申し訳ございませんでした。
    ご不便お掛けしすみませんでした。

    オーダードレッサー 収納引出し

    当初、右下の引出しにはスライドレールは無しでしたが
    作ってみたところ、引出しにビン類が入ると重たくなりそうなので
    急遽、こちらはスライドレール付に変更しました。

    オーダードレッサー 鏡ウラ収納

    枠裏にも収納がついて収納力としてはドレッサーでもトップクラス。

    ドレッサーの塗装色に関しても何回か見本板を作り、今お使いの既存家具になるべく
    近くなる色まで調整をしました。

    モニター画面でお送りした見本板と既存家具との差を見ながらの調整なので
    おそらく100%同じ色ということでは無いと思います。
    一応「許容範囲」というokをいただきました。

    塗装に関しては、たとえば合わせたい家具の現物をお借りしても
    100%同色というのは難しいところ。
    素材も違うので極力近くなる、一緒の部屋に置いて違和感ない範囲で
    ご提案させていただいております。

    ご注文いただきお引き渡しまで少々お時間をいただきましたが
    今回のようにご依頼者のご希望仕様に聞き逃しの無いよう
    今後の製作も気を引き締めていきます。

ページ上部へ戻る

カタログ請求はお気軽にこちらから