ブログ

東西南北で違う顔の神奈川県。今回は三浦半島。

静岡観光のためには地元を宣伝をした方が良いと思いつつも。

今回は静岡のお隣、神奈川。

西の歴史ある箱根温泉、魚介とリゾート真鶴、小田原城

海岸線はサザンの茅ヶ崎・辻堂・藤沢

そこから鎌倉・逗子・葉山エリア

中央から北の、いきものがかり海老名厚木・座間キャンプ・相模原湖。

東京に隣接する東の横浜・川崎・中華街。

潜水艦と軍艦カレーの横須賀。

1〜5次産業と観光とリゾートと都会に軍までが揃ってる県は他にあるのかな?と思う。

その中でも横須賀より南に行ったことが無かったため
今回初めて三浦半島の南端、三浦市城ヶ島から観音崎まで行きました。
静岡からクルマで3時間弱。静岡からは伊豆半島最南端の下田と実は同じ移動時間。

城ヶ島から見ると対岸の房総半島の先端までしっかり見える。

城ヶ島の南端の海岸は貝殻で埋め尽くされている。
潮流の関係でこの1点に貝が運ばれてくるのだろうか?不思議な海岸。

三浦の三崎漁港でマグロと地元野菜を物色したあと、そのまま観音崎まで移動。人気のお店でランチ。

奥さんのリクエストで横須賀美術館へ。
企画展・常設展ともに一度は行った方が良いと思う展示。

撮影できるエリアが決まってるらしく、美術館の方へ確認して撮影しました。

建物の設計の意図よりも、おさめた現場力に目がいきます。

美術館屋上から見た東京湾。第二海保やアクアライン、スカイツリーも見える。
後から分かった横須賀美術館の目の前はsnowpeakのグランピングホテル。

神奈川最南端の三浦半島エリア。神奈川県は本当に色々な側面を持ってる。
どこ行っても楽しい。
私が住んでる静岡県の次にオススメしたいエリアです。

  • 東西南北で違う顔の神奈川県。今回は三浦半島。 はコメントを受け付けていません。
  • 日記
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る

カタログ請求はお気軽にこちらから