ブログ

久しぶりにスポラジックE層を体感。

森林浴

今日クルマに乗ってFMラジオをつけてみると
いつもは雑音しか入らない周波数から聞き慣れない放送が
途切れ途切れに聞こえてくる。

関東方面のラジオ局が多いみたいだけど、それ以外の地方らしき
放送局も聞こえてくる。

そう、これはたぶんスポラジックE層だ。

スポラジックE層とは
地上から100km上空にある電離層が一時的に電子密度の高い
異常な状態となり、通常なら電離層を通り抜けてしまう周波数を
反射させてしまう現象。

例えば、日本のFMラジオの周波数は76縲怩X0MHzを使うが
この周波数は電離層を通り抜けてしまうので、普段はエリア内の
放送局しか聞こえてこない。
(高い山の頂上は直接波があるので遠くでも聞こえる。見通し範囲ってこと。)

でもこのスポラジックE層が発生すると、FMの周波数帯も空中で反射し
普段は聞こえない放送局も聞こえてしまう。

主に5月から9月位の昼間や夕方などに発生するが
自分の経験では、曇った日や今日のような雨の降る天候の不安定な時に
発生する確率が高いような気がしている。

今はもうやっていないが、中学生から高校生の頃まで
アマチュア無線にハマってしまい、学校から帰ると
夜中まで無線機の前に座って、全国のいろいろな人と
交信した経験がある。

50MHZ帯を使って無線をやったので
このスポラジックE層(Eスポと呼ぶ)が発生すると
普段は静岡県内しか聞こえてこないのに、関東や関西、九州や沖縄、北海道
お隣の韓国やフィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、グアムなどの無線家と交信をした。

一度だけだが、北米、北欧のアマチュア無線家の声も聞こえてきた。(お話はできなかった)

このEスポが発生すると、夕方から一切の事をほっちらかして
通常なら1縲怩Q時間で終わるはずの現象が、夜の夜中まで続いたりすると
いわゆる寝食を忘れてという状態で無線機にかじりついていた。

今はもう無線機もアンテナも撤去してしまい
無線をやるために必要なコールサイン(免許)も失効しているので
今はまったくやっていないが、たまにこうしてラジオでEスポの発生がわかると
無線に夢中になっていた頃を思い出すのである。

この時期は、車に乗ってFMラジオをつけたら、たまには違う周波数を
スキャンしてみると、日本だけでなく意外な放送局が入ってくるかもよ。

関連記事

営業カレンダー

2022年5月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

おすすめ商品

  1. LED女優ミラークラシックラルゴ [ナラ材]
  2. LEDフルール収納3面
  3. じょゆどれスタジオ女優ミラー
  4. スタジオ女優ミラー (天板シースルータイプ)
  5. クラウン
  6. LEDディンプル収納1面
  7. ソフィア LEDミラー(最小サイズ)
  8. ローレル収納本三面
  9. 【占い鏡 el】 リビングIoTタスクフォース
  10. LEDアイドル収納1面

最近の記事

カタログ請求はお気軽にこちらから