ブログ

メルカリに出品されている弊社モールテックス商品の盗用画像に関する注意と、物を生み出す者の気持ちについて。

モールテックスで検索した時に、弊社の画像がなぜメルカリで表示されるのか?

関本家具装芸が作るモールテックスの家具

最初、なぜメルカリにこの画像が使われているのか、全く理解できなかったが、出品者の行動を見ていると、写真の家具と同じ物を作れますよ、しかも格安で。という謳い文句で販売している。

メルカリ、使ったことありますか?

私は無いですが、友達や周囲で使ったことあるという人は少なくないです。

メルカリが生まれた当初、ある人の不用品がある人の価値に変わる、とてもすばらしいC to Cが生まれた、作った人天才だと思いました。

しかしながら、最近ではマネーロンダリング的な問題が発生したり、匿名性の取引のダークサイドが注目されるようになりました。転売禁止の衛生商品もずらりと並んでます。

まさか、ここに弊社の商品が巻き込まれるとは夢にも思わず。

出品者に盗用画像の使用を取りやめるよう求めても、匿名性を傘にして一切改善しない。この方が何を販売しようと私は関係ないのですが、少なくとも弊社の画像を使うことは許せない。購入した方が弊社の家具と間違えられることが問題なのです。

しかもこの方、私は下請けだから同じ商品ですと、まぁよくそんな事書けるなと。

私の会社では下請けという概念はありません。もちろん100%自社製作はできないので、技術的に足りない部分はなるべく地元静岡の方々にご協力いただいて一つの製品が完成します。ご協力いただいてる会社や職人さんであって、上下関係ではないのです。上でも下でもありません。

そういう気持ちで製作をしている者の気持ちを、いとも簡単に踏みにじる行為に怒り以上に、すくなくともこの出品者もものづくりをする人間なのだから、お金になるならなんでもやるという行為に情けなさすら感じる。

メルカリに問題提起をしましたが、証拠立証のために、登記簿謄本と所有権を証明する証拠と、提起したいURLをすべてエクセルにして送れ。出品者から異議がある場合は、御社の連絡先を伝える。と言われました。盗まれた上に事務処理と情報を裸にした上で、さらに出品者に情報開示するという火事場泥棒にあった気分になりました。この会社に勤める方がご覧いただいたらご気分悪くするような内容すみません。事実を書かせていただいております。

一番恐れていたのは、そうして匿名取引された商品にクレームが発生すること。

調べてみると出てきました。それこそここに画像貼ったら弊社が画像盗用になるので、ツイッター(twitter)で「モールテックス メルカリ」で検索すると、メルカリでテーブルの不良品を買ってしまった方の悲痛なツイートが見つかります。

モールテックスというのは、非常に画期的な素材で、その意匠性はもちろんのこと、耐久性に優れたすばらしいデザインコンクリートです。ただし、その性能を発揮するためには、それ相応の経験が必要で、長年左官を経験した人がやっと手に入れることができる技術です。さきほどのご協力いただいてる話しになりますが、弊社も同じ静岡市内の石田工業という左官のプロフェッショナル集団に施工をお願いしております。一つの商品を作り出すために協力いただく関係なのです。

厳格な作業工程、配合比、天候による乾燥の違いをコントロール、何層にも重ねたテクニカルレイヤーと呼ばれるモールテックスの層が折り重なって、初めてその性能を発揮する。

それを理解しないでモールテックスを扱うと、簡単にシミができたり、熱い皿を置いただけで変色したりと、モールテックス本来の性能がまったく生かされません。簡単にシミになる、そんなヤワな性能では無いのです。

だからコストも掛かり、安売りすることができないモールテックスの家具を、私達も作業工程を見直したり、無駄を省くことでできるだけコストを下げてと努力してるのに、メルカリ出品のような価格にするには、正規の工程を省いて、さらには職人さんが会社の材料をだまって内職して使い込むなどを組み合わせるしかない。そもそもモールテックスを使っているかも疑問。

「これをモールテックスと思われることがなにより悔しい。」石田工業の社長が言う言葉がすべてです。技術を売るものが一番やって欲しくない行為。

私達はこれからもものづくりを続けていくために、職人の仕事を守り、お客様の意見に真摯に向き合い、こんな仕打ちに負けない技術を磨く、むしろ他のものが作り出せないものづくりを考える良いきっかけになりました。

メルカリには今後も事務的に問題提起を続けていきます。

このブログをご覧いただいた、家具、家具以外、ものを作り出す方、お気をつけください。心無い人がいつかあなたのものづくりを侵害するかもしれません。

繰り返しますが、私はメルカリが生まれた時に素晴らしいC to Cシステムが生まれたと、本当に感激しました。その生まれたばかりの姿に戻せるのは運営会社しかないと思っており、同じ内容を知的財産権を扱うメルカリ部署にメールしました。

長文にお付き合いいただき本当にありがとうございました。これからも弊社商品をどうぞよろしくお願いいたします。

  • メルカリに出品されている弊社モールテックス商品の盗用画像に関する注意と、物を生み出す者の気持ちについて。 はコメントを受け付けていません。
  • お知らせ, モールテックスの家具
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る

カタログ請求はお気軽にこちらから