関本専務ブログ

  1. ドレッサーオーダー製作:素材感を一番に考えたシンプルな女優ミラー(製作:88)

    ドレッサーのオーダー製作はコミュニケーションが本当に重要です。

    メールと電話でほとんどの要望をお聞きするため
    何を一番取り入れたいのかを汲み取るのかが製作の50%=半分になります。

    オーダードレッサー

    とにかく素材感を大切にされていました。
    シンプルなドレッサーとチェストが希望だけど
    安っぽい仕上がりではなく、オーダー製作らしい仕上がり感を優先しました。
    フォルムは本当にシンプルですが、使いやすさを感じるデザインです。

    ドレッサーチェストセット

    素材はオールナットで提案しました。
    濃い色をご希望だったので私としては素材感・重厚感ともに
    ベストな材質だと感じています。
    特に木目には意識して、木が持つ本来の良さを伝える使い方を考えています。

    オールナットチェスト

    自分で言うのも変ですが
    この木目感は本当にウォールナット素材だからできる雰囲気です。

    家具ドレッサーが欲しいけど、気に入った商品がみつからない。

    オーダー製作も検討していましたら一度ご相談ください。

  2. 20年前の自社ドレッサーのリペア・再塗装・クッション張替え

    20年以上前に製作していたドレッサーの修理再生のご依頼です。

    当時はインターネットでやっと情報発信を初めたばかりで
    (sekimoto.co.jpは1999年ウェブスタート)
    今のように直接ご依頼がある時代ではありませんでした。

    ドレッサー修理

    こちらが送られてきたドレッサー。20年立ちますので傷や経年変化はもちろんありますが
    愛情を持って使われているのがよく分かる良い状態です。

    ドレッサーリペア

    普段使う時にできた細かな傷はあり、家具を本来の道具として使われている
    いわゆる手沢(使う人の手によって生まれたツヤや使用感)が感じられて
    これはこれで味だと思いました。

    ドレッサー再塗装

    さていったんすべてのパーツを取り外し、再塗装のスタート。
    凹みキズなどはなるべく補修していきます。

    ドレッサー引き出し修理

    引き出しの桐も経年での汚れがあり
    こちらも塗装してなるべくわからないようにする方向で。

    ドレッサー鏡入れ替え

    鏡をよく見ると「くさり」と呼ばれるサビのようなものが出ていたため
    こちらの判断で外して新規に作ることにしました。
    その分塗装がしやすくなりました。

    ドレッサー椅子再塗装

    椅子のクッションも20年使うと中のウレタンがヘタってしまい
    こちらも今回張替えをご提案。
    白いドレッサーに合いそうなファブリックを選択させていただきました。

    ドレッサー修理再塗装

    すべての塗装が完了し、新品の鏡や
    金具類のパーツを取り付けて完成。

    ドレッサー再生

    真っ白なぱっと見新品のドレッサーに生まれ変わりました。

    ドレッサー椅子張り替え

    引き出しの中も真っ白になったので、多少傷はありますが
    それでも以前とは見違える状態に。
    椅子のファブリックも我ながら良い感じです。

    今回、娘さんへプレゼントされるとのことで
    またあらためて20年かそれ以上使っていただけるのではと思います。

    自社ドレッサーの場合、作りや素材が分かるため
    修理の可不可が即答できてよかったです。

    もちろん他社さまのドレッサー家具でも修理再生ご相談ください。

  3. 4月 桜 静岡まつり

    4月に入って初めての日曜日。

    3月は仕事の事も家族の事もギュウギュウに詰まった1ヶ月となり
    先週の日曜日に終わったと思ったら気持ちの中から何かがすぅっと
    抜けていったのがわかりました。

    今年の静岡は桜の開花がここ数年と比べて遅れ(平年に戻った?)
    今朝の駿府公園は満開までもう少しという感じ。
    静岡まつりの最終日でもあり、きっと昼間は賑わうだろうと思い
    静かな時間を狙って一回りしてきました。

    静岡桜

    駿府城公園桜

    水落静岡桜

    駿府公園の桜

    静岡お堀の桜

    静岡の桜

    静岡裁判所の桜

    あと一週間は楽しめるはず。
    静岡来たら駿府城公園を散歩してみてはいかが?。

  4. ドレッサーオーダー製作:ホテルビューティーサロン(製作87)

    大阪梅田に結婚式場がある「ホテル」のビューティーサロンへドレッサーを納入させていただきました。

    下の画像が既存で使用されていたドレッサー。今回20年振りのリニューアルです。

    サロンドレッサー

    一般使用とは違い、スタイリストさんがメイクするためドレッサーの傷みは
    通常の経年変化に比べたら状態が良い。
    サイズ感はそのままで、ホテルのイメージに合うようにヨーロピアンな雰囲気を入れて
    やはりここは得意の女優ミラースタイルにこだわりました。

    ビューティーサロン用ドレッサー

    当初案は既存ドレッサーの色目に近い白からベージュ系の仕上がりを想定してましたが
    急遽、ブラウン調の落ち着いた雰囲気の仕上げに変更。

    女優ミラードレッサーサロン用

    ライトはLEDの32wタイプ。
    おそらく点灯時間は通常のメイクより長いため、LEDは必須です。
    万が一切れた時でも簡単に交換できる仕様です。

    結婚式場ドレッサー

    材料はナラ材。
    ホテル全体が重厚なインテリアのため、その雰囲気に負けないよう
    木目もしっかりと分かる材料を選んで使用しました。

    ウェディング式場ドレッサー

    今回ホテルのリクエストであえて暖色系のLEDを選択しました。
    昼白色のLEDに比べて顔の色が少し赤く見えますが、ホテル全体の照明が
    暖色系(電球色)で統一されているので、ホテル内での挙式を考えると
    サロンでのメイクの見え方はこの方が正解なのでしょう。

    ドレッサー女優ミラーサロン用

    当日の式がすべて終了してからの入れ替えのため、夜間の作業となりましたが
    助っ人とホテルスタッフのご協力でスムーズに納入完了です。

    ホテルのサロンは初めての納品で、お客様と通路で会わないように配慮したり
    高級絨毯の上をなるべく台車を使わずに納品したり、いつもとは違う気の使い方でしたが
    サロンのスタッフの方にとても喜んでいただけて本当に良かったです。

    オーダードレッサー製作、まだまだ製作中です。

  5. オーダードレッサー製作:両面使いのスタジオミラー(製作86)

    オーダードレッサースタジオミラー

    女優ライト付きスタジオミラーの別注製作。
    両面鏡で両サイドから二人同時に使える対面式のドレッサーです。

    スタジオ女優ミラー

    右後ろが通常仕様のスタジオ女優ミラー。
    左手前が両面鏡の対面スタジオ女優ミラー。

    ショップ中央スペースでの利用などに
    両面タイプはおすすめです。

    美容院、ビューティーサロン、コスメショップのカウンターなどに
    サイズオーダーも随時ご相談受付しております。

ページ上部へ戻る

カタログ請求はお気軽にこちらから