ブログ

家具リペア ジョージナカシマの家具縲鰀

ジョージナカシマの家具

色々な家具を修理再塗装しましたが、こんな有名デザイナーの家具と
修理で会う事になるとは思いませんでした。

いつ作られたのか、この家具を使っていた人は大豪邸に住んでいた方という
ことは分かってますが、おそらく1980縲怩P990年の日本が高度成長期に
あった頃だと想像できます。

デザイナーのジョージナカシマもちょうどこの頃に亡くなっており
実際には日本の桜製作所で製造されたものでしょうから
基本的なデザインは踏襲されていたのでしょう。

あとはその時使う材料によってディテールは決められ
まさに「自然との調和」から生まれた家具だということが分かります。

節もあり、木の皮もあり、いっさいの対称性が無い、この家具のどこかに
作った職人とデザイナーのお仕着せではない暖かみのこだわりを感じます。

残念ながら本日引き渡しましたが、許されるなら使ってみたかったですね。
(まぁ金額が金額なので怖くて使えませんし、預かりものなのでそれは無いですが。)

自分もある方の「名作」と言われる椅子を愛用しています。
見て一瞬にして心奪われた椅子で本当に大切にしています。
手の当たるところは飴色にツヤがでてきて、シートは若干擦れて傷がつき
自分のおしりの形にアタリがついてますが、たぶん一生使い続ける家具の一つ。
なんでもない毎日の中で、この家具と一緒で良かったと思えるような
家具と出会えるって素晴らしい事だと思います。
あの会社に作ってもらって良かったと言われる家具メーカーをこれからも目標に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る

カタログ請求はお気軽にこちらから